FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
TQネタバレの日~
もう若くはないのね…連日の睡眠不足に耐え切れず、ついに八時就寝。八時て。全国の夜寝ないお子さんをお持ちのお母様方は、こんな子供だったらどんなに嬉しいことでしょう…(タカヤマさんの年ではどうかな…)。
おかげさまですっきりです。やっぱり寝てるのが一番好きかな!

ミッコから「高嶺さんが、高嶺さんが!」とメールが入り、ワタシの未来の旦那様に一体何事が?!とコンビニに駆け込んでみたら、ものごっつ恐ろしい自体が!
今週のTQネタバレ感想です。
行く前は「え?実は子沢山パパだったことでも判明したの?」と冗談で言ってたけれど、もう、現実はそれを遥かに凌駕していました。ガタブル…。
今週のTQ。ていうか、久々にTQ読んだのですが。
六隊の日常ぽい始まり。でもヒョゴは何かにつけて高嶺さんに違和感を感じています。あれ?ちょっと元気ないかな?くらいですが。
すると、実は九州(だっけ?)に新たにキッキューが新設されることとなり、高嶺さんがそこの初代リーダーに栄転するという辞令が!
ぎゃ、ぎゃああああああああああああ!!!!
た、高嶺さあああああああん!!!
そ、そりゃあ高嶺さんは(☆野きゅんが目指しているのと同じ)救命士の資格を有してますけどね?!
マジで?!マジでええええええええ?!!!
愕然とする六隊面々。ロボだけが無表情だけど、そんなことに突っ込んでる暇はない。読んでるこっちもパニック。えええええええ、高嶺さんがああああああ??!!(しつこい)
六隊はこのまま人員補充することなく、五人での隊となり、その代わり、抜けることになる高嶺さんが、立候補者を募り、その中から次の副隊長を指名するということに…。
ふ、副隊長できる人なんて、あの隊に他にいないよ!ていうか、サナーダの副官できるのなんて、シマか高嶺さんだけだよ!シマだって、高嶺さんがいてこそバランスよく出来てたようなもんなのに!!
ていうか、その前に、六隊て、ロボ・高嶺さん・中堅(中堅て)・ヒョゴ・メグ・新人の六人なんですけど…!
中堅がオレやだよと辞退した今、入隊三年目のヒョゴ&メグしか残ってないんですけど…!(ヒヨコ卒業したばかりの新人くんは問題外として)三年目で副隊長…?!マジで…?!

立候補者を募るということで一旦解散。
ヒョゴは同期の皆と飲みながら、オレには無理だから立候補なんて出来ないようなことを言います。まあ当然だろうね…。三年目だもんね…。
(で、メグはお約束に、野心バリバリで隊内票の獲得のため、収賄に走るのでした)(あの子、公務員でしょ!公務員でしょ(笑)!)
久々に同期の皆が出てきたのも、☆野きゅんが相変わらずブラックだったのも会話が楽しかったです。でも、高嶺さんの一件でそれを楽しむどころじゃございません。☆野きゅんとメグが結果的に同じ居酒屋にいたことになるという事実を、とてもとても綾瀬先輩とかにフューチャーしていただきたいんですけどね…!
翌日、立候補者を募る日。
副隊長に立候補するもの、との声に、メグが元気よく手を上げます。迷うヒョゴ。自分にまだ副隊長なんて無理だってわかっているけど、同期のメグが自分の上で副隊長になるのなんて絶対に(絶対って言ったよこの子/笑)嫌。
だけど、手をあげることもできない状況で、じゃあメグだけかとなったときに、高嶺さんが冷静な声で「いいえ」と。
そして、物凄い力で(そう見える)ぐいっとヒョゴの腕を掴み、挙手させる高嶺さん。
君は立候補しなければいけません的に、高嶺さんがヒョゴを副隊長戦に、強制参戦!
ていうか、その最後の一コマの高嶺さんのお顔が、ものごっつお美しすぎて怖いくらいなんですけどぉおおおおおおおお!!!!!いたあああああああ!鬼神はこんなところにいたああああああ!やっぱり!やっぱり高嶺さんは鬼畜属性を兼ね備えてたああああ!コミックス20巻間際になって、ついに本性がでたあああああ!!

って、遅すぎるよ!(逆ギレ)

高嶺さんの退陣間際になって、こんな美味しい設定を出されても…っ!
今まで高嶺さんの、皆から慕われてる善人のふりして実は鬼畜説も、脳内では完璧に補完して参りましたが、原作設定でそれが出てくるのは全然違うんですけどおおおおお!!

も、もー、コンビニで立ち読みしながら血管切れそうでした…高嶺さんのお美しすぎる鬼畜顔が直視できません。眩しすぎる。どうせこの人本性垣間見せておきながら、最後は「怖いフリしてただけですよ」的な当たり障りのない笑顔を残して去ってゆくんですよ…。なんだその巨大すぎる放置プレイ…。耐えられない、一生あなたを思って過ごせということですか高嶺さん。ていうか、恋人も旦那も全部高嶺さん一人いれば完璧だと思ってたワタシの目に狂いはなかったけど、実は穏やかそうで全然穏やかな生活は送れないような気もしてきた…!…でもいい、それでも好きです高嶺さん…!(告白)

あー、もう、高嶺さーん高嶺さーん。
どうして行ってしまわれるんですか、高嶺さーん(T_T)。
読み終わってソッコーミッコにメルしたけど、もうほんと、高嶺さん以外に副隊長が務まる人なんていませんよ…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。