FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
ネイチャー(仮)感想~
なんだか悪寒がするのよねという話を先日ミッコとしながらも、「まあ病は気からっていうし☆」と自分を励ましていました。
その後ちょろっと熱が出たりちょろっと咳が止まらなくなったりしたけど、ま、気のせいよね、と満面の笑みで告り、ミッコと一緒にご飯食べて映画を見に行ってきましたよ。
ミッコ「ちょ、おま…!熱が出たのは聞いてないんだけど!」
明日以降ミッコから風邪引いたのメールがくるようなら、病原体であったことを潔く認めようと思います。風邪じゃないですよ。気のせいですよ。(今のところ)

そんな体をおして観にいったのは「ネイチャー(仮)」です。初ドキュメンタリー。ドキュメンタリーなんて絶対に映画館へ観にいかないジャンルなのですが(ワタシは)、こないだ鰤映画を見に行った際に、予告が流れていて、それをミッコと見ていたらなんだか素敵、見てみようかという気分にさせられたので初チャレンジ。

結果はまあ…推して計るべしというか…(ごにょごにょ)。

ドキュメンタリーでネタバレも何もないのでこのまま書いてゆきますが、地球温暖化が招く生態系の危機みたいな内容でした。
北極の氷が解けるとね、このシロクマが死んじゃってね、みたいなのを、北から南に掛けて様々な生物の生き様を捉えつつ、Ken・Watanabeが語ってゆくのです。アフリカの象とかライオンとか、熱帯雨林の猿とか。海の鯨とかそういった様々な生き物。一年を通しての映像とかあるので、多分撮影にものすごい時間がかかっているドキュメンタリーだと思います。
でもまあ、言ってしまえばそれだけなんですが。
映画館で上映するだけあって、多分制作会社の予算もがっつり取ってあって、だからこそここまで様々な生き物を追った映像が用意できたんだなあとは思うのですが、けれどなんだか全部「ふーん」な感じで。
ワタシは、ドキュメンタリーは今、この現場ではこういうことが起きているんです、あなた知ってますか?って訴えかける意味をもつ部類の映像だと思うのですが、地球温暖化のためにこの生き物たちが絶滅の危機に瀕していますということが言いたい割には、その生き物たちの捉えた映像からそれを訴えかける何かは感じません。普通に、ああこういう風に餌をとって、餌がなければ飢えて死ぬのね、という食物連鎖だけ。
例えば象の一生はこうで、ライオンの一生はこうで、鯨はこうして繁殖して、シロクマはこうやって餌をとって、という動物ドキュメンタリーなら別にいいんです。
でも、この映画の趣旨はナレーションが何度も繰り返している通りの「地球温暖化のせいでこの動物たちが絶滅の危機に瀕しています。それは人間のせいだが、止めることが出来るのもまた人間です」というものだからこそ、もっと綺麗なものだけじゃなくて、他に映像化すべき事象はいっぱいあったんじゃないかな。
この映画じゃ、その辺がとても伝わりにくい。動物の滅多に見ることのできない映像、夕焼けの大空や植物の成長や空を覆う鳥の群れや断崖絶壁に落ちてゆく滝のシーンは適度にきれいなものだけど映像美というほどでもなく、それに綺麗なだけでメッセージ性が弱いなら、ドキュメンタリーとしてはどうなのよ、と思ってしまうのです。

夕ご飯食べ終わった後にまったり気分で観るには、なんとも眠気を誘う映画だったことは否めませんが、タカヤマさん、どんな映画でも寝るときは寝るのでその辺は責めないで下さい。
ていうか、寝ませんでしたよ?!ちゃんと最後まで見切りましたとも。
メッセージ性はともかく、作品としてはどう終わるんだろうと最後を見守る気持ちで見ていたのですが、最後がワタシが思ったような終わり方じゃなかったので、それすらもがっかりです。
観た方いらっしゃいます?どうしてワタシは最初にシロクマの親子の氷河越えをフューチャーしておきながら、最後にそこに帰結しなかったのかが不満でなりません。シロクマで始まったのならシロクマで終わっておこうよ!そんな関係ない(父親かもしれないっていうだけの)オスのシロクマじゃなくてさ!と、とてもとても言いたい…!うずうずうず。ドキュメントを見慣れていないからでしょうか。でもそのほうが作品としても締まると思うんだけどなー。難しいな、ドキュメンタリー…。
ミッコとも話したけれど、もしシロクマの親子があらぬご不幸に見舞われて、目的地までたどり着けずに終わっていたとしても、それはそれで現実だからいいじゃん。アフリカで大勢のライオンに襲われる象を何事もなかったかのようにスルーしておきながら、今更そんな憚るようなことか!とぶいぶい文句言ってました…。

我々が何故この映画を観ようと思ったかと言うと、巨大な鮫がアザラシを襲う映像が予告で使われていて、そのジョーズ度にきゅんとしたからなのですが。
いや、鮫はよかったよ!あのアザラシを丸呑みのでかさ!だって初め鮫の口から出てる黒いの、昆布だと思ったもん。まさか飲み込まれたアザラシの尻尾だなんて思わなかった。それくらいの体格差のあるでかい鮫でした。鮫の滞空時間も半端なかったしね…。うん、あの映像は満足だ。ていうか、このネイチャー(仮)はどれもそこそこ綺麗な映像なんです。頑張って根気強く撮影したなーっていうのがちゃんと判るような。
映像がよくても構成が駄目だったら大きくマイナスっていうのの、体言のような…。

文句ばかり言っていたわけでは勿論ないのですが(自分たちで選んで観たわけだし)、帰りがけに、
「でもまあ、この後コンビニ行っても、レジ袋いりませんとは言わないんだろうね
といった言葉で全てを察してください…。
いや、駄目な大人の見本として…。
(自主的に立ち上がろうよ!)(自主的に立ち上がれないから駄目な大人なんです)(もうノーレジ袋は法令化して強制力でもって我々を屈させてください)(さいあくないいぶん…!)
ミッコはもう、「これを今日見たこと自体、記憶から抹消でいいんじゃないかな」とか言ってましたが、ワタシは感想書きましたよ。書いたよ、ミッコ!
ネイチャー(仮)=アース

何故隠す(笑)。
ミッコが「なんだっけ、観ようって言ってた映画…ネイチャー?」と素で間違えたので、「そうそう、ネイチャー(仮)」と適当なこと言っておいたことから発生。
Comment
≪この記事へのコメント≫
おつー。
さすがだよ。あの内容に良くここまで書けるなんて!
私、感想は挫折したので、ブログにこの記事リンクしていいかな…。笑。

あ、風邪は大丈夫だったよ。潜伏期間を考えなければ。
2008/02/04(月) 15:30:01 | URL | Mキコ #-[ 編集]
あ、生きてた(笑)
なんだ、やっぱり気のせいだったんだよ!風邪じゃない、風邪じゃない。病は気から(呪文)。
身をもってワタシの潔白を証明してくれてありがとう。

映画感想、けなしてばっかりだけどこれでいいの(笑)?
いや、大勢のライオンでよってたかって象をアレしたり一匹のシロクマすらアレな事態をもっとピックアップした素敵な感想待ってるよ…!ワタシ、自粛しといたから!笑!
2008/02/04(月) 17:09:35 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.