FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
魔法にうんちゃらネヅミー。
最近…すごくおなかがすくのが早いんですが…お昼前とか夕方とか、超おなかすく…(超とかいうな)。
なんだろう、食べてる量も消費してるカロリーも(笑)いつもと変わらないのですが。不思議不思議。でもご飯が美味しく食べられるのはとてもいいことだと思います。って前向きに言ってみる。
家の中では別に構わないけれど、出先でお腹が鳴るのは非常によろしくない感じです。なんか、飴とか空腹時に糖分を摂取するとお腹が鳴らなくなるとか、水を飲むといいよとか聞いたことがありますが、一体なにが本当なのかは怪しいところ。
お腹すいてるのにご飯が食べられない状況で、飴も水も積極的に摂取しようとしたことがないので、まだ試したことがありません。
なんで一日一食でも充分なときもあれば、一日三食きっちり食べてるのに合間にお腹がすくときもあるのか、自分でもこの空腹リズムが不思議です。

そんなワタシは今日、夕方お腹がすいたので、明日用に買ったフランスパンを齧って、その一時間後に友達と夕ご飯を食べに出かけ、その二時間後に映画を観て、更に三時間後帰ってきた後に煎餅食べました。なんでこの短時間でものが欲しくなるのかすごく不思議。

そんな空腹の話はさておき、映画は例のお姫様の映画です。一人なら絶対に選ばないチョイス…!友達が好きなのでお付き合いで。
これが予想外に腹筋の痛い(笑いの絶えない)映画で、もしかしたらそれでまた余計にカロリーを消費したのか…と思わないでもないですが。
以下、ネタバレ感想でーす!

全然関係ないのですが、ライラがまだ公開中のため、映画館の売店にイオレクのぬいぐるみが置いてあるのですよ…密かにあれ欲しいのですが、理性が絶対にやめておけとワタシを留める…。
ディズニーが自らのテイストをギャグに貶める気かと思いきや、本気であのディズニーテイストを至上と至らしめる(日本語がおかしい)気満々だった映画。
物語は、ディズニーお約束のヒロインがアニメの世界で王子様とハッピーエンドを迎えた後、結婚式に向かう途中で王子との仲を引き裂こうとする継母に不思議な井戸に突き落とされ、たどり着いた先が現代のNYだったという設定。
そこで、ディズニーお約束のヒロインは現代社会とのギャップに戸惑いつつ、打ちのめされることなく周りの人間を掻き乱して、さて最後は…?という流れです。
王子様と結婚するつもりでお城を訪れたヒロインはNYの町中で必死に王子様とお城を探そうとするのですが、現代社会のNYにそんなものはなく、ついに疲れ果てたヒロインは一組の父子と出会います。
この親子がお約束に善人で、世間離れしたヒロインに呆れつつも、行くところがないのなら…と家に泊めてあげます。
ですが、このヒロイン、ディズニーお約束だから、歌いながら歩くし、動物を呼んで掃除しちゃうし、カーテンで毎日一着ずつドレスを作っちゃうわけですよ!
父親が弁護士で、今現在離婚調停の案件を抱えているのに、その離婚協議中の夫婦の前で「別れるなんて悲しいことだわ」と泣いて仕事をめちゃくちゃにしちゃうし。
でも、父親の再婚予定の彼女さんに誤解されちゃって喧嘩したら、今度は二人の仲をロマンティックに取り持ってあげたり。
一方、王子様も勿論、ヒロインを助けるためにおとぎの世界から飛び出してNYに現れるわけですが、継母とその家来が邪魔したりして、中々二人は再会できません。
そんな感じで流れていった映画だったので、ワタシは普通に(ディズニーらしく)ヒロインが周りの人たちをおとぎテイストで幸せにしてあげて、最後は迎えにきた王子様とおとぎの世界に戻りハッピーエンドなのかな?と思いきや、ヒロインはなんと自分を助けてくれた父親といいかんじになってしまいました。
でも、お互いに王子様や再婚相手の恋人のいる身、一旦はこのまま想いを告げずに別れることを選びますが、最後の夜に訪れた舞踏会(NYでそんなものがやってたのか…)で、王子とヒロインが再会したことに焦った継母扮する老婆に、ヒロインが毒リンゴを食べさせられてしまい、ヒロインは倒れてしまいます。
ヒロインを助けられるのは真実の愛(キス)だけ。(臆面もなくきたこの設定)
勿論、王子様が恭しくその儀式をするわけですが、ヒロインの心はとっくに父親の方に傾いていたので目覚めません。王子は可能性があるなら、と父親にも口付けを求めます。戸惑う父親。そこに、一緒に舞踏会に来ていた再婚相手の恋人がちょっと投げやりに「やってみれば?!」と背中を押します。(この人は女のカンで、一度は仲直りしたけれど、既にヒロインと父親が気持ちを寄せ合っていることに気付いてるんです)
で、父親がキスをすると、息を吹き返すヒロイン。
その後、継母の悪事が暴かれ、悪い魔女だった継母は負け、ヒロインはおとぎの世界に戻らず現代社会で父親と子供と三人でいつまでも仲良く暮らしました、というハッピーエンド。
で、ついでにいうなら、ふられた再婚相手の恋人とおとぎの国の王子様がくっついて、二人はおとぎの国に戻って結婚式を挙げてこちらもハッピーエンド

おお…おおお、そういう終わり方か…!ある意味お約束?透けて見えた終わり?でもワタシはかなり本気でおとぎの国に帰ると思ってたんですけど…(父親と怪しい雰囲気になった後も)(だってヒロインは天然キャラで周りを掻き乱すだけ掻き乱して幸せを振りまいて帰ってゆくだけだと思ってたから…!)。
まあ、物語自体は誰とくっつこうがどう終わろうがスタンダードなのでいいです。
ただ、あのディズニーのミュージカルテイストを現代社会でやっちゃうもんだから、笑いが取れるということで。
公園で父親と歩いてていきなり愛を歌いだすヒロインに、「歌はもういいから」と周りの視線を気にして小さくなる父親とか。
おとぎの国ではヒロインが歌えば森の動物たちが集まってきたのに、NYで歌っても集まるのはゴキブリとドブネヅミと鳩くらいだとか。
そういう現代社会との食い違いというか格差が面白くて、おお、自らそれをネタにしますか、と思っていたら、最後はやっぱり末永く幸せに暮らしました系のハッピーエンドでした。譲る気はないんですね、ネヅミー。

まあ、ワタシはむしろおとぎの国に行った父親の恋人と王子様の今後のが気になるんですけどね…!キャリアウーマンだった恋人があの国で動物と、悪く言えば単細胞な王子様に囲まれて生きる…それって一体どうなるの?!みたいな。
逆バージョンは結構順応できるものなのかしらと思わずにはいられません。
おとぎの国で幸せにほんわか生きてきた人は現代社会の厳しさに耐えられないかもしれないけど、現代社会で裏切りや不安に囲まれていた人は、長閑で恒久的な世界に行けばその安心感にすぐ慣れちゃうのかと。そっちのほうが楽ですもんね。

まあぶっちゃけ、それだけのお話なので、興味がある方でもDVD出てからで充分だと思います。コメディタッチの恋愛物ってそういう意味で出しやすいけどヒットしにくいですよねー。
ワタシ自身、一番気になったのがヒロイン役の女優さんの年齢…。
ディズニーのヒロインは大体十代後半だと思うですが、非常に肌や二の腕が気になって仕方なかったのです…。歌ってたから、ミュージカルとかの舞台女優さんなのかなー。
Comment
≪この記事へのコメント≫
私もあのイオレクのぬいぐるみほしくてたまりません…!!
(笑)しかし私の理性とうちの猫がやめろといいますので購入してません…!ほしい!
2008/04/10(木) 21:14:59 | URL | ちっさくライラに反応したT野です。 #-[ 編集]
にゃんこには、
鎧の部分を齧られてしまいそうですよね。笑!

でもでも、あのイオレクも格好いい~(うっとり)。
ぶっちゃけ言います。あのサイズ、可愛い大きさだから買うのを躊躇いましたが、もっとひとの体くらい大きなサイズだったら一目惚れが抑えきれずに買ってました、ワタシ。(痛々しいカミングアウト)(逆じゃないのか普通)
2008/04/11(金) 14:07:11 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
なっとくした自分がいます。ていうかぶっちゃけ三部作のうちのどれかで出るような気がしますビックサイズイオレク。
ああ!それと確かに二部では某男子が出てくるのですが、あれです!最終的勝ち組なのはイオレクなので(激しい間違いのような気が)お暇があったら是非原作も読んでみてくださいませww微妙にネタバレしてすいません~!!
2008/04/11(金) 22:51:07 | URL | ちっさくライラに反応したT野です。 #-[ 編集]
勝ち組!
そのお言葉に激しく反応してしまったタカヤマです。勝ち組ですか、イオレク!やっぱりライラと彼女のクマの仲はフォーエバーですか!
三部作、心から期待して待ってます…!どうか、打ち切られることなく続編が出ますように…!続編が出るたびに、ライラと彼女のクマとの新密度が増していきますように…!
でますかね、でますかね、ビッグイオレク。
小説先に読むか三部作映画を待つか非常に悩むところ…(読んじゃえYO!)
2008/04/14(月) 09:06:26 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.