FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
逆裁4クリア感想~
逆裁4クリアーしましたー!
このお手軽さがいいんですよね、DSゲームの容量って。気に入る内容だと、「もうあと一声!」とか思ってしまうのですが。
事前に知ってたのは、ナルホドくんから世代交代した主人公だということくらいでした。新しい主人公はオドロキくんと仰るそうです。新人君の初裁判からお話はスタートです。
さてさて、世間様からだいぶ遅れがちですが、以下クリアーネタバレでーす。
オドロキくんが初めて扱う裁判は殺人事件で、しかもその容疑者がナルホドくんでした。
今回世代交代したから新キャラばっかりなんだろうなーと思っていたらばいきなりこの再会の仕方って。
しかもナルホドくんはすでに七年前、裁判で証拠を捏造した罰で弁護士資格を剥奪されて今はしがない場末のレストランでピアニストをやっているとのこと。
ナ、ナルホドくんの目が濁ってる…!ナルホドくんが斜に構えてる…!衝撃…!衝撃…!
ナルホドくんはけして正義に燃える主人公だったわけじゃないけれど、そんな投げやり気味なナルホドくん、みたくなかった…!
よよよ、ナルホドくん…と嘆きつつ、ゲームを進めることに。まぁ要するにその初めの事件のナルホドくんの罪は冤罪で無罪、すったもんだの末に主人公のオドロキくんはナルホドくんの事務所で弁護士として働くことに。
(ナルホドくんの事務所は今はすっかり弁護士事務所ではなく、ピアニストと手品師を抱えた芸能事務所に転向してました)
更に衝撃の七年後マジック。
ナルホドくんに、娘がいらっしゃいます。
この子が今回の助手的役目を果たすみぬきちゃんでした。
七年後…ナルホドくん弁護士を辞めて、(義理の)娘のみぬきちゃんと二人暮らし…。
なんだか色々と愕然ですよ。
くっつくと明確に思ってたわけじゃないけれど(多分。以前のクリアー日記なんて書いたかな…)(ものぐさなので振り返らないで進めたいと思います)、マヨイちゃんもみちゅるぎも出てこないナルホドくんの人生はちょっと淋しそうです…(余計なお世話)33歳のナルホドくんはなんだかのらりくらりとして世を皮肉ったりするようになっちゃったしね。でもマヨイちゃんとはいまだに繋がっているようで(入院したときトノサマンシリーズ送ってくれたし!)ちょっと嬉しかったよナルホドくん。

さてさて、ナルホドくんは一旦おいといて、オドロキくんとみぬきちゃんの探偵まがいの弁護士活動は続きます。謎解きゲームとしては楽しいけれど、ナルホドくんとマヨイちゃんみたいなキャラへの楽しさはあんまり感じないなーと思いつつ。もしかしたらナルホドくんたちに思い入れがあるからかもしれませんが。
謎解きは相変わらず親切です。証拠品を取り落とすことのないように作ってあるし、この辺りが全年齢向けなんだろうなーと。
あと、今回新システムで「見抜く」というのがあるのですが、以前のサイコロックが楽しかったのでふーん程度でした。ちょっと難易度下がったカンジかな。サイコロックがないから4はつまらないみたいな話も聞きましたが、確かに途中は物足りない気が。でも最後はサイコロック復活して嬉しかったですよ!(そういえば逆裁は自力クリアーがモットーなのに、ハミガキの証言だけ見抜けなくて攻略サイト様に頼りました…くつじょく…!ハミガキめ…!)(でもこの人がまさかの繋がりを持つとは思いもよらず
あと、逆裁の好きなところって、1から3に向かうにつれて段々各話の繋がりが深くなってストーリー性が高くなっていったところなのですが、今回はもう、明確に1話からそれぞれ別の裁判なれど、色濃く最終話に向けて伏線が張られていきます。
これが解き明かされる四話目の爽快感!ナルホドくんの七年前の真実!いまだ解明されてない謎!みぬきちゃんとオドロキくんの能力の謎!二人の関係!更にはリアルでも新しく始まる(予定の)陪審員制度まで絡めて!
そういう意味では、今までの逆裁の中で一番繋がってて深かったかもしれません。
主人公オドロキくんに見せかけて、すべてはナルホドくんの七年前の疑惑事件から続く物語だったので、繋がってるのは当然かもしれませんが、こういうの好きなんですよね…。

四話目はナルホドくんの過去と現在のオドロキくんの裁判とがリンクしていたのですが、久々に弁護士のナルホドくんに会えました。超素敵!現在のナルホドくんばかりで毒され気味だったので、以前のナルホドくんに会えて超嬉しいな!もう過去編から戻ってきたくなかったよ(笑)!
26歳のナルホドくんの傍らにはもうマヨイちゃんがいなかったのが非常に残念でもありましたが(きっとハミちゃんと一族を守るために故郷で頑張ってるんだ)、それよりなにより、ゲーム最後、ナルホドくんの濁ってた瞳がまっすぐと輝いて見えたのは錯覚ですか?!いいや、そういう変化だと思いたい…!もう一回弁護士資格をとるために頑張ろうかなと言ってたし、ナルホドくん、期待してる…!でももう33歳のナルホドくんか…!33で15のコブつきじゃ、結婚は無理そうですね…!(余計なお世話)

そういえば一つ残念なのが、ラスボスの動機が馬鹿馬鹿しかったことです。いや、馬鹿馬鹿しい犯人は今までにもいたのですが、七年前から続く数々の巧妙な策の動機が、「自分ではなくナルホドくんを弁護士に指名されて悔しかったから」じゃ、顎カクーンですよ…!だってそんなの、物語的には一話目くらいで出てくる犯人の動機レベルじゃないですか…!
物語のリンク度は過去一番深かったと思うのに、犯人側の事情的には一番思い入れのないラスボスでした。ちょっと残念。
でもだからこそ、ここからオドロキくんの弁護士人生がスタートしていくんだとこれからに期待をもたせないこともない。ような。どうでしょう。

オドロキくんの何がいやだとかは全くないのに、気がつけばオドロキくんさておきナルホドくんの話ばっかりしてますね。笑。
オドロキくんは新人らしく失敗しながらも頑張りましたよ。でも陪審員制度が導入されたら逆裁のシリーズ自体はどうなるのでしょう。5とか続くのかな…。どうかな…。
とりあえず次作はみちゅるぎのスピンオフですよね。今回名前も気配すら出てこなかったけど、あのひと今も検事さんなのかなー。(ナルホドくんが辞めたからといって)

そういえばみちゅるぎの代わりに新しく出てきた検事さん。みちゅるぎよりも正義に対して判りやすくいい子でした。ナルホドくんとみちゅるぎのような物言わぬ信頼関係みたいなのはないけれど、響オドコンビはさらっとつるっとしてて次世代らしくて(?)いいですね。
でも、巷ではきっと兄弟カプが多いんだろうなと思いました。
限定版を開封もしていないミッコにお勧めできる萌えどころといったらそれくらいです。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.