FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
ルキズ、ついに!
納豆生活、ひきわりに続き小粒もクリアー。なんだやっぱり食べれる食べれる!
最初に食べたのはきっとメーカーの味が合わなかったのだと思うことにします。
多分このまま大粒納豆も食べられると思うのですが、暫くはこの小粒とひきわりの間をウロウロしていようかと…。かつおだれだけで平気です。からしはいらない人です。
しらすが余ってたのでカリカリに炒って混ぜたらそれも美味しかったので満足です。じゃこってたまに食べたくなるのですよね…。

夜、イッテQを久々に見たら、若だんな出動の回でした。
久々にテレビ見て涙出るほど笑いましたよ!笑い要素がどうとかじゃなくて、とにもかくにも若だんな要素だと思います。若だんな、ここでも上から目線健在!でも飛べなくて残念だったね。負けず嫌いぽいので本人悔しかったんじゃないかと思います。(練習で成功してるだけに)
若だんなももっとロケいっぱい行って欲しいなー。まだひとりで外に出すには不安がある子なんだろうか…。上から目線だし…(関係ない)。ほかの報道の子たちがいないところでは、結構淡々と仕事こなしてそうなのですが。
二人組でロケでもした場合、セニョリータに任せると進まなさそうなので、「僕、頑張りますよ!」と前に出てからまわり。でも若だんなが失敗してもセニョリータは笑っててくれそうな気がします。(番組的には進行できなくてもね☆)(成り立ってないけど、二人が可愛いから視聴者も満足☆)
後、てごます可愛いけど、あの二人で外出しても何も進行できなさそうな気がします。そういう意味で慶ちゃん以外の報道の子たちはロケ向きじゃないのかなひょっとして。

家に戻ってルキズ、ちゃんと見直しました。
以下、ちょっとだけ感想ですがネタバレ含むので閉じておきます。
新庄、ついに仲間に新庄!
仲間になるのは判ってたけど、こんな感じの台詞だったかな?もう原作の記憶があやふやですが、「帰ろうかと思った…」のくだりから始まる新庄の台詞に超感動。
「ただ、お前らと一緒にここに立ちたかったんだ…」という台詞が超お気に入りです。ワタシのツボを非常に擽る台詞です。新庄が可愛いことに初めて気付いたよ!だってあのひと、原作では強面だったからサ!しろたん効果!しろたん効果!
新庄はなんて仲間思いなんだろう。そしてなんてさみしんぼうなんだろう(笑)。
あのひと絶対に超淋しがりやですよね。ワタシ新庄がテディベアのぬいぐるみ抱いて寝てても驚かないよ!(いやそこは驚いておこうよ)
ほんと、うろおぼえな原作比較で申し訳ないのですが、新庄ってもっと普通に孤独でもいいけれど、お前らと一緒にいると人生楽しいからつるんでんだって感じのイメージだったのに、しろた新庄はもう、ひたすら淋しくて淋しくて、でも不器用だからどうやって仲間に入ったらいいのか判らなくて自分から話しかけることもできない子供のイメージです。かわいいな!
だからこそ、一旦仲間なるとたとえ相手が間違っていても肯定しちゃうし、庇っちゃうし、それが世間からどう見られているかなんてあまり関係なくて、例えば仲間の誰かが殺人を犯しちゃったら黙秘して守るどころか自分が犯人だと庇ってあげちゃうくらいになるんだろうな。
でも新庄はそれが間違っていることももうちゃんとわかっているから、失うことが怖くても嫌われることに傷ついても間違ってる仲間は強制的に正しい道に連れ戻し、ひとりだけ損な役回りとかしちゃうんだろうな。まぁ、その正しい道というのが新庄判断なので、それはそれ、多少世間からずれているのは仕方ない…。それでも可愛いから仕方ない…(ハ?)。
新庄ていうか、しろたんの手がきれいでときめきました。指のきれいな男の人ってときめきますよね!
握れば拳、開けば掌。
新庄が心を開いてくれた…。オームが心を開いたくらい嬉しい。
(最後の例えはどうかなタカヤマさん)
新庄、原作強面だからわざと考えないようにしてたけど、物凄く受けですね。受けオーラ全開ですよ。
問題は誰が攻めるかって話です。
確か誰か絡むキャラがいたような気がするのですが…。あにや以外に…。
(余計なことは考えなくていいんじゃないかなタカヤマさん)

次週から第二章!
ドラマは回数設けずに原作のラストまで描ききるために半年間役者のスケジュールを抑えてるそうなので、本当に最後まで続けばいいなと思います。半年間、続きますように!超楽しみにしてるから!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.