FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
静岡にてイチゴ狩り~
ルキズが二週連続で特番で潰れるそうで、朝から新聞見て愕然としたタカヤマです。ほんと、どれだけ楽しみにしてたのってくらい、ルキズが気になって仕方なかった模様。ああもう、新庄が仲間に戻ってさ!全員野球ですよ。その夢は七日に持ち越し…(悔し涙)!

そんなわけでルキズがやらないので、もう家にいる必要もないわということで静岡にイチゴ狩りに行ってきました。いやおかしいその言い方。ルキズは気になってましたが、友達と新車のお披露目がてらイチゴ狩りに行く約束をしていたので、心置きなく旅立ってきました、です(笑)。
静岡、東名高速走るときに必ず通りますが、降りたことは少ないです。去年の静岡港ぶり?お茶が名産なことくらいしかぱっと思い出せませんが、お茶摘みがいつの時期なのかはさっぱりな無知具合。
でも今回掛川の150号線沿いのイチゴ農園にお邪魔する予定だったので、その近辺で観光検索かけてみたら、遠州三山なんて素敵な名前が出てきたので、またも友達引き連れてお寺めぐりになった次第です。関係ないお友達を連れてゆくのってどうなのタカヤマさん。すみません、付き合ってくれてありがとう。でも、本当に行きたいのは大洞院だったけどそっちは趣味に走りすぎてるから我慢したんだよ!一緒に行くひとのことも考えてさ。(森の石松のお墓があるお寺です。いしまつだいすき…!)

静岡で何を食べたい?って聞いたら鰻食べたい!と即答返ってきたので、掛川インター近くで探した鰻屋さんに昼一番にイン。開店直後に行ったからすんなり入れたのですが、その10分後にはすでに外まで待ちの行列ができるという人気店だったようです。おお、びっくりした…!鰻屋さんてワタシの地元じゃそんなに特別地元型のお店でもないイメージなのですが、もしかして静岡の方には郷土料理的存在なのかな…?土曜のお昼は鰻で決まりなの?
注文来てから焼き上げるらしく(関東関西どっちかな…蒸してさらに焼く感じ?)、注文してから待つこと20分。寝坊して朝ごはん抜きだったので、美味しく頂くための腹準備は万全です。丁寧に作っていただいているのだと思えば、待つことも苦にならない感じ。
そして、やがてでてきたのがこちら。
080524_1127~0001

写真で伝わりますか、このふっくら感が…!(伝わりません
皮も身も蒸してある分ふっくらで、身も厚いし超美味しい!
小骨があるから子供とか鰻嫌いな子多いと思いますが(ていうかワタシが子供の頃嫌いでした)、これはいいよ、子供食べなくていいよ、いい年取った大人のごちそうでいいよ、ときゃっきゃあがるテンション。うな肝も久しぶり。
うな丼とうな重は器以外にもお店によって格が違うと聞いたのでうな重にしましたが、うな丼でもきっと美味しいんだろうなー。量もがっつり入ってるので、お腹すいてる状態のタカヤマさんはぺろりと完食させていただきましたですよ。

待ち行列ができてたので、食後は急いで退出。
お昼ごはんを食べた後は、イチゴまでの腹ごなしに遠州三山詣でに出発です。
尊永寺、油山寺、可睡斎の中でまずは尊永寺へ。ていうか、可睡斎から行こうと思ってナビ設定間違えて尊永寺に。いやこれが結果的によかったのですが。
尊永寺は厄除けで有名なお寺です。山のふもとに駐車場に車を入れて、あとは延々砂利の山登り。お天気は悪かったけどまだ雨じゃなくて、逆に涼しい感じでとても歩きやすかったです。伊勢神宮みたいに、山門から本殿までが遠い感じですが、まあ食後の散歩散歩。
紅葉の新緑がいっぱいだったので、秋はさぞ見事な紅葉狩りができるのだと思います。今は蛍の時期らしいですけど。桜の木もありましたよ。春に桜、夏に蛍、秋に紅葉、冬に雪景色ってこのお寺実は最高のロケーションじゃあ…。
相変わらず体力の足りない現代人は、石段にひーこら言いながら登頂。
先週の那智大社ほどじゃないですが、登ると気持ちいいですね!
こちらは厄除けの神様なので、厄払い代わりに厄除けのお守りをゲッツ。二種類あって、ご本尊の厄除けと、干支神様の厄除けとありまして、干支が珍しいなあと思ったので干支の方を頂きました。日常携帯用の小さなやつです。今年厄除け行ってないので嬉しいな!
参拝を済ませ(御朱印も頂き)、登山途中、途中の茶店でこれまた名物の厄除け団子をいただきます。
080524_1311~0001

小さな串団子に餡子が乗ってるだけのシンプルなお団子なのですが、これがまた超美味しい!信じられないくらい美味しい!
味と食感は有名な赤福を想像して頂けばよいかと思いますが、賞味期限一日しか持たないお餅がとにかくつきたてで柔らかくて半端ない美味しさです。
一皿ぺろっと完食ですよ。本気で美味しかったので、お土産に一箱お持ち帰りしましたが、どうして三箱くらい買っておかなかったのかと後々後悔。賞味期限一日だからですよ、タカヤマさん。一日で三箱も食べちゃ駄目ですよ。これ通販で買えないかな…無理かな…。
尊永寺行かれた方は是非。この世の和菓子の中で何よりお勧めします。(これまた良心的にお安いのですよ。このボリュームで一本百円。)
餡子が嫌いな友達も、厄除けのためにと頑張って食べていました。可愛いなあ。

ところで、予定外にお寺が広かったのと団子を食べていたので、予定の時刻にイチゴが入らない腹具合に。まだお寺めぐりもしていないしということで、予約時間をずらしてもらって次なる可睡斎へと。
可睡ゆりの園の方が有名なのでしょうか。可睡斎は火避けの神様だそうです。
お参りして御朱印頂いたのですが、雨が降ってきた上、ずらしてもらったイチゴ狩りの時間も迫っていたので、ここまで来て(車で五分程度の距離なの!)油山寺は諦めることに。うーん、遠州三山揃わなかった…ここまできて勿体ないけれど、これもめぐり合わせですねきっと。
(ていうか友達の方が気にして、予約時間に遅れてもいいから寄っていこうよ、御朱印集めようよと必死で言ってました…付き合いいいお友達です)
山側から150号線海沿いまで、雨が降る中のんびりドライブ。
ていうか、予約時間が迫ってたのでのんびりしたくなかったのですが、前を走る静岡県民の方が非常にセーフティドライバーなのでのんびりドライブです。
いやいいよ、雨だもんね、安全第一ですよ、静岡の方。
雨が降ってなかったら少し足を伸ばして浜岡砂丘(太平洋側最大の砂丘)とか行ってみたかったのですが、本降りになってきたので諦めました。

一時間ほど走って、イチゴ農園に到着。
イチゴ狩りが有名な土地らしく、周囲もいっぱいイチゴ狩りできる場所がありましたね。
静岡のイチゴというと章姫が有名というかワタシなんかは頭に浮かぶのですが、聞いてみたら今の時期紅ほっぺという品種が一番お勧めらしく、本日は紅ほっぺたんでイチゴ狩りに挑むことに。(本当は一番大きなアイベリーにしてみたかったのですが、時期が終わってましたー残念)
受付の建物から紅ほっぺのビニールハウスまでがこれまた遠くて、「車で移動されますか?」と聞かれて「いえ、歩きますよ」と笑顔で答えたことを30秒で後悔しました。雨だしさ。
でも雨の中歩きながら、並ぶビニールハウスを眺めつつ、どんだけ広大な土地なの、農地代はどうなってるの、経営はもとが取れるの、なんて余計なことばかりが気になるお年頃。

時間制限があったり練乳持込禁止だったり、色々そのお店ごとに制約があったりするのがフルーツ狩りですが、こちらのビニールハウスではとても緩やかでしたよ。イチゴを傷つけないように手荷物は置いていってくださいくらいで後はフリー。他のお客さんもまばらな上、大きいハウスだったので友達三人で好き放題歩き放題な感じでした。
080524_1521~0001

紅ほっぺたんは普通のイチゴより大粒のイチゴたんで、章姫より酸味があり、ケーキなどに使うと丁度よい品種だそう。でも今の時期は丁度甘く仕上がってるので、練乳などを掛けなくても充分食べられますよといわれ、まずはもぎたてをひとつパクリ。
…本気で甘い…!
おお、イチゴ美味しいなー!
買って来て食べるイチゴは冷やして練乳掛けて食べるひとですが、こういう美味しいもぎたてイチゴは冷えてないのも何も掛かってないのも気になりません。
友達二人はやる気満々で、元を取るまで食べるぞー!と意欲的で、こういうひとは見てて清々しいですね。ワタシなんかは早々に味に飽きて、オマケで貰った練乳つけて、更にはそれでも足りなくて友達が持参した練乳貰って食べてました。練乳飲んでるんだかイチゴ食べてるんだか、みたいな。絶対に効率よい食べ放題とかいけないタイプです。(余計なもので腹を膨らますみたいな)
でも、あー、もうお腹いっぱーいとしゃがみ込んだら、思いもかけぬ素敵な光景が広がってましたよ。
080524_1522~0001

こちら。
イチゴハウスを下から覗いた風景。
なんか素敵!普段見ない目線です。イチゴがぶら下がってるのも可愛いけれど、無人の列がなんだか迷路みたいで不思議な感覚。一瞬満腹感も忘れて魅入りますね。
面白かったので列の下を潜ったりハウス内を練り歩いたりイチゴの大きさを観察したり花を眺めたりして、また気が向いたらイチゴ摘んで、みたいな食べ方してました。因みにバリアフリー農園なので普通より通路もフラットで、車椅子でも入園できますよ。

さてさて、気がついたら頑張ってた友達が沈没してたので、イチゴ狩りは終了。でも気がついたら30個食べてましたよ!イチゴ三十個ってすごくね?この前に鰻と団子食ってるって更にすごくね?(なにその無限の胃袋)
当然ですが、その日の夕食は何も入りませんでした。(予定調和)
たまたま行った農園でしたがすごく広くて、園内に子供動物園とか併設されていて楽しかったです。簡単なやぎとかうさぎとかがいるだけなんですけど。ワンコもたくさんいましたよ。普通につながれてるだけなので触り放題です。お好きな方はよろしいんじゃないかと。お好きじゃないタカヤマさんはびくびく通り過ぎましたけど。(わんこめ…!)
ワタシが気に入ったのは池のほうです。肥え太った鯉がわんさか。肥えてるわりに泥臭くてまずいんだろうなお前たちはと蔑みの言葉を投げつつ(愛情表現です。アニマルセラピーです)、15分くらいぼーっと眺めてました。
イチゴを食べ過ぎて運転席に座れないよ!なお腹も落ち着いたところで、死ぬほど食べた紅ほっぺを更にお土産に買ってイチゴ狩りは終了。
雨の静岡をそっと後にし、帰路についたのでした。

朝は帰ってきてから呑みに行こうかとも話していたのですが、イチゴの食べすぎでもう何も入らなかったのでやめにしました。お酒ってお腹膨れますもんね…。
そして、見事本日も食べ物の写真ばかりで一日埋まってます。このサイトって(笑)。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.