FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
二ヶ月連続でまるマ新刊…!
那岐とアシュのルートをやり直しして~とか言っていたのに、すっかり我が家のPS2は十六夜記専用機に戻ってます。大抵いつでも好きなときに振り返れるように十六夜記は入れっぱなしですが(JOYが面倒くさいのが難点)、今回うっかり朔ルートを振り返ってしまって思わず号泣。
朔と望美の愛は、本当にゲームを超えるものはないのではってくらい、本編がすごすぎます。望美がガチで朔を愛してます。清盛(と一緒にいる朔)の元に向かう途中、敵を蹴散らす辺りなんてまさに鬼武者。戦国無双。おすてきみこさま!

二ヶ月連続で本当にまるマの新刊が出ましたね。半信半疑でしたが、すごいな作者様!
遙か4の感想のところで言わないでおこうと思っていたのですが、ワタシの中の風早が固まらないのは絶対にウェラー卿のせいだと思います。風早を見たとき、まずウェラー卿を思い出しましたもん。
ご主人様の名前呼び捨てで溺愛で、なのに放任主義ぽいところとかが被って見えて仕方ないです。
でも、ウェラー卿の株は一旦暴落したので、例えるのも申し訳ないか…(風早に)と思って口を噤んでおいたのですが、今回の新刊でやっぱり陛下と陛下が築くこの世界の未来のために孤軍奮闘しようというその姿勢が素敵だったので、言ってみた(笑)。むろん別人物ですが、似てるなぁという範囲で。

以下、新刊ネタバレ感想です~。
あれ?これムラユ布教本?と素で思ったのは仕方ない。こればかりは致し方ない。
同人並の短編がチラチラと入っていて、本気で今回一冊丸々ショートショートかとも思いましたが、辛うじて中篇+短編くらいの長さで…。
いやもうそんなことはどうでもいいんだ。
それよりもダイケンジャー様とシンオウヘイカの再録がメインだったからか、その流れっぽくムラユが押されまくってて、うっかりこの巻からまるマを読む人がいらしたら、絶対にまるマの王道はムラユだと信じて疑わなかったことでしょう。
それくらいムラユでした。
じわじわと最近、行間を読む的行為以上に露出が多くなって来ていた猊下の陛下ラブ具合が前巻辺りから突出しまくってる感じです。うっかりほだされてしまいそうです。
それでなくともまるマはコンユ一本だったにも関わらず、三男の急成長やお庭番の頼もしさによろめき気味だったのに…。本命カプが揺らがされるこの事態。ついに猊下まで参戦ですか?ていうか、次はグウェンと仲を深める気ですか?そろそろギュギュギュ閣下も汁と呪い以外に格好いいところ見せておいたほうがいいんじゃないかな!(声は井上さんなのに…!)(あ、風早だー)(そこ、繋げないほうが)
ムラユ、素敵ですよ(あっさり)(あれ?)。
猊下の想いが一途なのが素敵。だって猊下にとっては絶対に陛下>国だもの。優先順位がはっきりしてるのはわかりやすくて受け入れやすいです。
国=陛下の三男も素敵なんですけど。
次男はどうなんだろう…(あれ?株価復活したんじゃないの?)(いや陛下を甘やかすのはあのひとのライフワークだから)

そして、グリ江さん。
ああああああああああ!!!
グウェンの来航を知って自害って、この人にとってはグウェンが上司として根付いてるのね、としみじみ思いました。心を揺らす対象として陛下が駄目だったわけじゃなくて、グウェンの到着を見て条件反射的に自分の立場に思い至ったのかと。
暫く静養して、でも必ず戦線復帰して欲しいです。ヨザがいると和むじゃないですか~。猊下が攻撃的にならない、数少ない真魔国人ですし。
足が半分潰れてた…云々は毒女パワーで回復していただきたく。
次男の腕も生えた(?)ことだし、ヨザにも奇跡を…!

そして今まで実はダイケンジャー様とシンオウヘイカの絡みに全く興味がなくて、雑誌でも読まずに終わっていたのですが、どうやら今後出番が増えそうなので単行本に纏められたこの機会に読んでみようと思います…。次の新刊が出るまでには…。
お嬢様~も面倒で読み飛ばしたんですけど、流石に…この二人は…読み飛ばしたら、今後の話が「?」になる雰囲気がします…。(ていうかお嬢様もたいがい…)

新章も早めに…と仰ってましたが、うん、早めに読みたいです!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.