FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
DVD消化日。
報道の冬魂のDVDが出ることがきまって、ひゃっほー!予約予約!と浮かれていたら、その発売日が8/13とかいう罠。
え、なんでお盆?ていうか、何で夏コミ直前?
どういう大人の事情でその日になったのか、襟首揺さぶって非常に問いただしたい気分。13日なんて絶賛修羅場中だよ!夏コミ出発とすれ違いで届きそうな予感。T姉んちにDVD持ち込んでたら、超ゴメン。(心から)

先週取り溜めてた録画を消化してました~。
アナコンダ2とTaxi2と鬼太郎です。
アナコンダはヘビというか巨大生物大好きーなのでついついやっていると見てしまう…(二回目なのに)。
Taxi2は以前お勧めされていたので見ました。フランスのこゆいギャグ満載の物語で、2時間面白く見れましたよ。主人公もまた濃いんだな…(顔が)。リュクベはこの路線で成功したんだな…。

そして実写版の鬼太郎。鬼太郎。
猫娘が目玉の親父のことを「おとうさん」と呼んでいるのを聞いて、鬼太郎が「なんで”おとうさん”て呼ぶんだよ」と独占欲を覗かせたことに非常に萌えました。
あの息子はお父さんのこと大好きすぎて、たまに言動おかしいですよね!
いいですけど。大歓迎ですけど。
深夜のほうの鬼太郎を1,2回しか見てないので判らないのですが、子供向けアニメ版の方は完全にお父さんっこの鬼太郎ですよね。
目玉の親父は死んだ後も鬼太郎を残してゆくのが心残りで目玉だけ甦った設定ですが、鬼太郎がそんな親父のすべてを取り戻すために方法を探しているとかいう壮大な物語だったら、超萌える。最初、何気ない妖怪漫画として始まって、けれど、最終回はそんな方向にとか…。どうかな…。(だれに問いかけてるの)
いやいや、身体を取り戻して、鬼太郎はただお父さんの両腕で抱きしめて欲しいだけなんですよ…!それだけの、可愛らしい望みなんですよ…!
という建前だったら、きっと子供たちにも受け入れられるに違いない。
今度公開する劇場版2も、きっとテレビ放映するころにみるのだと思うけれど、息子×親父要素が強くなっていればいいなあと思う次第です。
目玉の親父はいつだって鬼太郎のことを愛してる。(真顔)

そして、何故か買ったと思ってただけで持ってなかったやじきたDVDも入手しました~。
なんでこのタイミング。いや、自分でも思い立ったが吉日なので…。
何度みても楽しい。次郎長が可愛くていいな。容赦なくひとの死ぬ話だけど、キャラが突き抜けてて面白いです。ながせ以外がやじさんを演じていたら、どう頑張っても最低な男にしか見えないという(浮気だわDVだわ)印象は今回もやっぱり変わりませんでした。でも、そんなひとでも優しさが見えるから、きたさんもきゅんとしちゃうんですよね!
やじきたは単品では歪だけど、二人揃って完璧な形を描くのです。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.