FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
電車ですれ違う人のお話
連日BASARA日記でカラムのカテゴリもほぼぞれに毒されてきているので、ここで一旦小休止。
いえ、ゲームは毎日やってるのですが(嵌るとしつこい人)、本も一冊読んでたのでそれの感想でも。

有川読書週間、ラストを飾るのは電車本です。
ああ、長かった…!秋くらいから積んでた本も、これですべて消化。どれも楽しくさくさくと読めて、非常に面白かったです。
今回の電車のお話は、自衛隊から一気に離れて、とある私鉄の路線の駅ごとに展開されるそれぞれ主人公の違ったオムニバスのお話。
一部重複したりキャラが繋がっているところもありますが、そこまで完璧に計算されて怒涛のクライマックスへ…!という感じでもないので、本当に日常の一コマ的な、淡々と、けれどそれぞれの人生を応援したくなるような可愛いお話でした。
長い話もいいけれど、たまにこういうオムニバスもいいですね!オムニバスって短編よりも難しいイメージですが。ちょっと繋がってるのがいいんだー。緻密に計算されてあっと驚く糸の繋がりが見えるのも度肝を抜かれて大好きですが、この本みたいに日常の一コマで当たり障りなく繋がってるだけでも、楽しければ充分。いつもどおり、読み始めるとさくさく読めてしまいます。(これが実は重要)(たまに読み始めても、途中で止まっちゃう本とかあるんですよね…読書に対して勤勉な人じゃないので…)
これでこの人の既刊はすべて読破~。またこの人の新刊が出るのをのんびり待ちますが、秋(ええ、判ってます今の季節)の読書週間もこれで終わったので、当分本は読まないんだろうな、とも思います。
読書とかゲームとか旅行とか、なんでもそうですが、熱中する波がありますよねぇ…。
美味しく感じる時期に美味しく頂くのが贅沢でもあり、けれど一番よくもある、と思います。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.