FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
そうだ、信州行こう 1
そうだ、信州行こう。

思い立ったが吉日生活です。
週末高速料金割引を一度くらい活用したいなーと思っておりまして、空いていた今日、長野へ遠征して参りました。
なぜ長野。
日帰りで高速料金割引でいける範囲で、ついでだから桜の花見も兼ねようかな!と思ったところ、もう西の方は散ってしまっているのですが山間部などは今が丁度満開とのことで調べていたら、ヒットしました、「上田城千本桜まつり」。
上田城。
上田城。
上田城。
はい、もうお分かりですね。
ワタシの頭の中で「上田城主従千年愛祭り」と変換されたのは言うまでもありません。
バッサラー!
そんなわけで、テンション高く、いってまいりましたです信州!アイユエニ~!
ばっかみたいに写真取り巻くってきたので、分割しつつ旅行記アプです。

さて、朝。
上田城桜祭りだけじゃ勿体ないかなーというか、丁度長野といえば善光寺、更に今は七年に一度の御開帳をやっているそうなので、まずはそちらまで足を伸ばしてみることにしました。牛に引かれて善光寺♪いえい。
中央道はよく使うけれど、長野道とか滅多に使わないよっていうか人生二度目とか三度目とかそんなもんじゃね?!とか思っていたら、更埴から上越道にスイッチすることに気付き、ごっつ通ってましたこの道。聖地巡礼帰りに。ああ、すべての道は聖地へ続くのね…と納得しつつふらふらドライブ。お天気良くて最高です。ていうか、ちょっと暑いくらいなんですけど(笑)。
ワタシ今回の旅で一つ目標を立てておりまして、それは三食信州の名産品を食べるということです。
ほら、例によって一人旅なんですが(思い立ったが吉日生活)一人旅すると、ともすればつるっと三食抜いてしまう人なので…。(もしくは旅先でファーストフードとか平気で選択する)
なので意識して信州っぽいものを食べよう!ということで、まずは高速のSAでこちら、

090411_0742~0001




五平餅です。
これって信州だよね?信州のお土産でよく貰うから木曽街道とかその辺の名産品だったような…。(だから正確には長野・岐阜の名産品なのかな)
五平餅、胡桃ダレが美味しいです。どっちかというとぱりっと焦げができるくらい焼いてあるのが好きかな。このご飯の半分潰し具合がなんともいえません。でもでかいぜ。朝から重いぜ。まあすでに起きて何時間も経ってるからいっか!

うまーと食べた後はひたすら山を眺めつつのドライブの再開です。ほんと、ドライブ日和!
さて本日の第一目的地は善光寺。まずは一番込み合いそうな観光地に朝一番にするっと行ってしまおうという計画で早めに到着するように家を出たのですが、恐ろしいことにすでに周辺が渋滞。駐車場に入るだけで30分も並んでしまいました。(でも並んで入れるなら充分です)
渋滞に並びながら持参したPSPやってたのはお約束。いや、やるかなー?!と思いつつ持ってきたけど、さっそく暇つぶしに役立ったよPSP!中身は当然の如く愛蔵版です。ていうか、愛蔵版しか持ってないしね。(バーローズはせめて1と2と外伝をある程度クリアーしてから買うことにしました…)

善光寺の駐車場にINし、ものごっつ暑い日差しの中をふらふらお寺へ。日傘忘れた。(致命傷)出かける直前まで覚えてたのにこの体たらく。思わず日傘狩りという言葉が頭を過ぎりましたが、自重しました。(あたりまえです)

そんな陽射しにすでに負け気味はワタシに追い討ちをかけるこの光景。

090411_0941~0001

うん、有名観光地甘くみてたよ!
ついでに今七年に一度の御開帳やってるしね!桜の観光シーズンだしね!ってなんだこの行列オイィィイイ?!
手前の行列は回向柱に触るための行列なのですが、その奥の本堂廻覧にも行列です。
…ワタシが何を考えたか、もうお分かりでしょうか。
そうです、勇気ある撤退です。(到着して一分)
いやムリムリムリ。善光寺信者でもないのにこの行列は並べない。ご利益とか有り難味とか、そのへん全部この後の上田城に注ぎ込めばいいさあ!
なんとか、罰当たりにならないように本堂だけ参拝させてもらって本日の旅の無事を願いつつ、御朱印を頂いてあっというまに撤収です。うん、いずれね、また機会があったらね善光寺。
そういえば、この善光寺、面白いのが御朱印と一緒に御詠歌も授けてらっしゃいました。珍しいな、御詠歌!
御朱印と違って御詠歌はあるお寺とないお寺がありますが、御朱印と一緒にお授けされてるお寺は初めてみましたよ!
御朱印とは関係ないけれど物珍しい記念にと、一枚頂きました。御朱印帳に記帳して貰うのはちょっと違うかな?と思ったので半紙で貰いましたが、結局一緒に挟んで保管してそうな予感(笑)。

こうして脱落なカンジに善光寺をつるっと終了です。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.