FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
そうだ、信州行こう 4
長くなりましたね、まだまだ続きますよ。(えええええ)

090411_1417~0003




上田城二の丸復元。
うちの幸村、この橋のところで五百人斬りとかしてるよ(いい笑顔)。ばっさらー!さっけはついてきてくれないのに、本丸を出てからずっと山本さんが一緒でした。愛してる。あのつれない忍びよりも断然一緒の時間が長かったね…。
門を潜れば正面が真田神社で、ここでも御朱印が六文銭でした(笑)。でもいい!六文銭の御朱印、いくつあってもいい!
真田神社とかもう真田っていう名前だけで泣きそう。
ここでお守りを授けて頂きました。普段物を買うときはほぼ緑色を選ぶワタシですが、ここばかりは赤を選びましたよ。基本だよね、旦那の色!

090411_1716~0001


(家に帰ってそういえば緑は忍びの色じゃんうおおおおお緑と赤二つ買えばよかったああああああ!と死ぬほど後悔した)
(青が筆頭で黄色が風来坊。迷彩だから緑を忍びとしているのですが、もしかしてナリ様と被る…?黒のがイメージカラー…?)
真田神社の奥には真田井戸というものがありまして、ここが抜け道に使われていたそうです。
きっと真田の旦那が忍びの目を盗んで城下の甘味屋に行くときに使ったに違いない。幸村男の子だから、暗い洞窟も超平気!でも子供の頃は間違って一回くらい落ちてさっけの寿命を縮めてたらいいよ!(落ち着いてタカヤマさん、幼少主従はここに住んでないから)(ああもどかしや…!)

現在の上田城は壊されたのを二の丸とからへんだけ復元したものなので、本城ともいえる天守閣などは存在しません。だから塀の中は普通の公園。かつてはここに建ってたのかなーと想いを馳せるだけです。本丸がなくても好き城ベストワンに輝いちゃうこの上田城の実力、半端ない。上田主従のパワー、半端ない。(それ関係ない)

そうそう、上田主従千年愛祭り(誤)なので屋台がいっぱい出てますが、特筆すべきは地元特産品ブース!
お土産物とかこの辺で一気に揃います。ワタシ、今回挑戦してみたかったのが「おやき」なんですよね。
おやき。
小麦粉練った皮の中に具が入った肉まんみたいなものなのですが、信州の名産品。以前食べたときにすごく挫折した思い出があるので、是非とも美味しいおやきに出会ってみたかったんです。
再チャレンジの機会、来ました!
おやきも今では色んなバージョンが増えたそうですが(南瓜とかおいもとかもう、全然食べやすそう)、ここは基本中の基本、野沢菜で挑戦です。
なんか、優しそうなおじいちゃんが今朝作ったばかりの作りたてを売ってた。おやきよりもお祖父ちゃんと一緒に売ってる孫の可愛さにやられた。(なにその問題発言)
人生二度目のおやき。


090411_1425~0001


中央ステージでは三味線と、あれなんていうんだっけ、尺八みたいな笛の共演中。雅です。旦那は絶対に音楽に明るくなかったに違いない(きっぱり)。
そこでもぐもぐ。
おおお、美味しいな…!
これがおやきか…!ほのかに温かいのがまた食べやすいです。昔食べたのは冷たかったもんなー。
野沢菜はまあ好き嫌い分かれるかと思いますが、具も色んな種類が出てるし、きっと誰もがどれか一つくらい食べやすい具に当たるかと。
美味しかったのでお土産に買って帰ろうかとまで思ったのですが、今日ちょっと陽射しが半端ないので傷むかなと思ってやめました。ちょい残念。
あと、特設ブースでは上田の振る舞い汁がくばられています。山菜っていうか、キノコとうどんかな?でっかいまいたけが入ってて超美味しかった。信州みそ、好きなんだよねー。

おやきと汁をいただき、上田城を花見し、神社を参拝し、愛の鐘で主従に想いを馳せ、とりあえず大満足して本日のメインイベントを終了です。桜が丁度満開で綺麗でしたよ!何故かほぼピンボケしてるので、心のアルバムインですけど!(悔し紛れ)
でもほんと、ここにいると主従妄想が尽きない。

☆上田城番外編☆

090411_1813~0001


お約束の写真コーナー。
何が看過できなかったかって、真田の旦那と長の間に小介がいることです。殺される。余裕で殺されるよ、小介。にげてー。



090411_1812~0001


町中のいたるところに真田氏と十勇士とのぼりが立っているのですが、このお店ではその中でも幸村と長をピックアップ展示。
半端ない。そのセレクト、半端ない。確信犯としか思えませんが、「さゆきですか?」と真実を聞くのが怖くてスルーしました。
閉店後、こっそり撮影。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.