FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
バッサラー六話目
いやあ、鋸山の弊害かな!見事にふくらはぎの筋肉痛で沈没でござるよお館様ああああああっ!
太腿がぴくぴくするのは長時間運転(渋滞)のせいだと思います。右足だけ。ミッションじゃなくてよかったと心から思う瞬間。

GWがようやっと終わりましたね。どこ行っても混雑みたいな状況から少しは落ち着くでしょうか。けれどまあ、最長16連休のかたもいらしたみたいですし、長く遊べてそれはそれでいいお休みです。

しかし休みだろうがなんだろうが関係なく、本日バッサラー六話目。イエス、バッサラー!
前回からの続き。
明智の策略の前に銃撃に倒れた長政様。あれ?まだ生きてる(禁句)。駆け寄る市。超長政様×お市劇場。すげえ…!すげえ、完璧な長市キタ…!うっかり長市に見とれてしまいそうです。(市は相変わらず特筆して可愛くはない)
長政様ご逝去の後、勝負を汚いやり方で邪魔されて怒り心頭の筆頭VS光秀レッツパーリィ。
一方、徳川VS武田もまだまだ戦っています。
ですが、いくらホンダム忠勝が戦国最強でもたった一人で戦局を決することはできません。頼みだった織田の援軍もなく次第に追い詰められてゆく家康ら。もはや撤退しかないとまで追い詰められたとき、忠勝が家康を本陣まで逃がし、一人戦場へ戻ります。
「忠勝!」
「家康様、忠勝殿は殿を務められるとのこと…!今の内に全軍撤退の指示を!」
え、ホンダムと会話したの部下A?
涙を飲んで撤退徳川軍。
一方、戦場にて最後の一花を咲かせる相手として忠勝は幸村を指名します。忠勝VS幸村再び。今度こそ一対一はいいのだけれど、いい加減OP映像見たときから突っ込みたかったけれど、真田の旦那は槍の使い方、ちょっと間違ってるんじゃ(黙)。(なんか棒高跳びみたいな感じになってましたよ)(如意棒か!)
けれど、男たちの勝負に水を差すように現れた濃姫。織田の狙いはこの乱戦の最中に戦国最強とうたわれた目の上のこぶとも言うべき忠勝を始末することでした。
幸村との戦いの傷を抱えたまま、濃姫に狙われる忠勝。濃姫の一撃必殺の前に忠勝は何とか幸村を逃がし、自分は倒れるのでした…。
忠勝をこのような騙まし討ちの形で失い激昂する家康。今度こそお館様の説得に頷き、織田包囲網に参戦を表明します。

戻って筆頭VS光秀。
今回の目的である忠勝の始末がついたのを見計らい、光秀も鉄砲隊を差し向けて勝負を切り上げようとします。満身創痍の伊達軍VS無傷の織田鉄砲隊。筆頭は屈辱の撤退命令を出すのでした。
そして、そんな筆頭も実は深手を追っており、撤退途中で意識を失い倒れてしまいます。もう一度織田包囲網の同盟を組むべく伊達軍を追いかけてきた幸村の勧めで、一番近い武田領にて怪我の治療をすることに。
そして信長と話し合いの場に立つべく一人暗躍していた慶次もまた、それが叶うことなく今回の壊滅的な敗戦をみて、より強固な包囲網が必要だと悟り、謙信の助言を下に今度は西の毛利・長宗我部を訪ねに行くのでした。

一口感想↓

・次週はついにチカナリかな!!!!!
・倒れられて病床につかれる意識不明の筆頭がまるでお姫様のようでした。
・そして相変わらず伊達主従半端ない。
・更に徳川主従も半端ない。
我が忠勝×家康人生に一片の悔いもなし。
・超忠勝格好良かった。もう忠勝がロボでもなんでもいい。いや人間ですけど(多分)。
・お館様の男前度も半端ないことは知ってた。
・幸村は一度お父さん(お館様)とお母さん(長)に槍の正しい使い方を学びなおすとよいかもしれません。
・で、気がつけば今回はしのびーず(佐かす)が出てこなかった罠。

そんなわけで、今週の真田主従はナシ。奥州と徳川で手一杯だったのかな。折角皆勤賞だったのに…。でも最大限の主従を見せていただきましたよ!さっけはどっかで暗躍してると思うことにする!(無理やり)
チカナリじゃないけれど、チカちゃんは好きなので次週もまた楽しみですー!
そんでもってまた意識を取り戻した筆頭と幸村でダテサナ的展開があるのだろうか…。来週は長が帰ってきてくれるのを願ってます…。
Comment
≪この記事へのコメント≫
どうしても言いたくて……!!
あの…
バッサラー(?)のゆかりてんてーに、どうしても伝えたくてカキコですっ。
http://ir.capcom.co.jp/news/html/090507.html

コレ知ってました……!?
わたくしおもわず『え、エイプリルフールネタ?』って思っちゃいましたですよ……
どうやら本気のようです……カプコン……恐ろしい子っ!!
2009/05/07(木) 21:19:01 | URL | inako #JHj1zWbk[ 編集]
ほぎゃあああああああああ!!!
ちょ、ちょ、バサミュ…!まさかのミュ…ッ!ぞ、存じ上げませんでしたイナコ先輩…っ!ひぃ…っ、カプコム自重カプコム自重。
筆頭があとべたまっていうのもまたどう突っ込んだらいいのやら…。いっそエイプリルでもよかったんじゃ(黙)。
怖いもの見たさで見てそうな自分も怖いですが、きっと公演期間中のすべてのシートは腐女子で埋まるのだろうな、と思うと、まったくもって市場を誤らないその企業努力(は?)に頭の下がる次第でございます…。

いやでもしかし…冷静に、ちょ…(笑)。
スーパーテニヌが舞台化できるなら、格ゲも無理じゃないということですか…すごいな…ミュには無限の可能性があるんですね…(タカヤマさん動揺しすぎ)
情報くださりありがとうございました…っ!行くつもりはないはずなのに、思わずスケジュール帳に書き込んでしまいましたですよ…。
2009/05/07(木) 22:25:14 | URL | タカヤマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.