FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
あにばさ八話目
あにばさ八話目!でした!
もう、朝から一体どうしたらいいかと…!
お話自体は前回からの続き。
松永に人質に取られた部下の救出のために向かった竜の右目の旦那と、助太刀に向かう主従で、右目の旦那VS松永の回だったわけですが、もうそんな本筋は脇に置いておくしかない。

きた、最大の主従回きた。

じわじわと主従が主従らしい姿を取り戻してるな…とは感じましたが、完璧な主従、ついに今回降臨!
途中までは右目の旦那格好いいなーとか、あにばさはこじゅゆきにまで対応するのか…とか思いながら見てましたが、もうそんなのもふっとんだ後半戦。
右目の旦那VS松永に助太刀に入ろうとする真田の旦那が、松永のとこの自爆兵にうっかり吹っ飛ばされ(なんか「ありゃ?」ってうっかりな人形みたいで可愛かった!)ましたが、それを長が空中でキャッチ!しかもお姫様だっこ!
やった!きた!主従きた!正しい姿できた!!!!!!!
もうこのシーン切り抜いて(きゃぷちゃ的に)デスクトップに奉ってしまいたい…!
その前に松永の仕掛けた爆薬で長がふっとばされていたので、「おお、無事だったか、佐助!」という台詞になるわけですが(ただ視聴者は一ミリも心配してなかった事実)、ここの真田の旦那、なんか睫毛ぱちってなってて超お姫様だった!なんだ、今週は作画まで神ですか。
なんたるばさら…!なんたるばさら…!!
そんなわけでもう後半戦は脳みそが半分以上抜けてて、とりあえず一通り見たあとにすぐさま主従シーンに巻き戻るのに必至でした。何回リピしたやら。あと100回は繰り返したい。きゃぷちゃー。

しかしながら、そんな感じで満足な溜息をつきつつ次回予告を眺めてみたら、今度こそ四国かなーと思いきや、なんか、ちょ、タ、タイトルが「甲斐の虎、御勅使川に死す」とか、え、ちょ、お館様ぁぁぁあああああああ?!
(御勅使川ってどこよ?!とか思ったのはさておき)(山梨でした)
危ないのは謙信様だと思ってたから、まさか筆頭との深夜の色気ないトークがお館様の死にフラグだとかすっかりスルーしちゃってたよ!あれそうだったのか!そういえばあからさまな!!
でも、ここで本気でお館様退場とかあるの…?!そんな、真田の旦那にとって可哀相な展開になるの…?!
お館様を越える男になれ!野心を持て!とは常々言われてたわけですが、まさかこんな形で(お館様のあだ討ちって形になるんだよねきっと)天下分け目の戦を挑むことになるとは…。
お館様の息子とか無視で、きっと真田の旦那が武田軍を継ぐとかいう方向になるんだよね(で、筆頭とバトルする、と)?ええ、ええええええ?ええええええええええ?(メダパニ)

色々と、考えなくてはいけないことがいっぱいになりました。
いやまだお館様が退場なさると決まったわけでは…(いやこのタイトルは死ぬでしょう)。お館様あああああああ…。
お館様亡き後、抜け殻になるかもしれない真田の旦那が心配です。
長がちゃんと鼓舞できるのか。そこ、長にこそ期待したいんだけれど、ばさあには蒼紅だからな…。
あれ?もしかしてこれって漫画版の展開?更なる主従の予感?

本編まるっとスルーしましたが、松永楽しかったです。竜の右目の旦那も格好良かったと思います。(他人事のように)(真田主従にしか目が行ってない人)
それにしても、この主従祭りの回…もうどうしたら…どうしたら…(なきそう)。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.