FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
貴腐人の集い09 一日目
毎年三月の春コミに合わせて開催していた貴腐人の集いですが、今年は日程の都合で六月になりました。漸くSPN3が見れるよ!
いつも東京で開催だったのですが、今年は大阪で開催です。ホテルは特に思いつくホテルがなかったのでネットで検索してにゅーおーたにに初宿泊です。貴腐人の集いはとにかくホテルに三日間引き篭もって怠惰な酒びたり生活を送ることがメインなので(大人の楽しみ)、お部屋の広さと居心地の良さがメイン。

090605_1425~0001

タカヤマさん、逆光。
品川のホテルも大抵広くて快適でしたが、にゅーおーたにのリビングルームには快適なソファセットがあって(あるんです写真で切れてる手前に)書斎風になっておりまして、これが映画を観るのは最適!でした。居間のテレビも大きかったしね。

090605_1425~0002

ベッドルームも広くて、なんか別荘にでもお邪魔した気分。もしくは人様のお宅のゲストルーム。
水廻りは品川の方が広かったけれど(あっちはシャワールームとかお風呂が完全に個別になってたのです)、レストルームも二つあったし、それに女の子には嬉しい感じに鏡があちこちに設置されていたし、何よりアメニティがロクシタンだったので、そのへんは軽く相殺される満足感。つまりは貴腐人の集いにまったくもって適したホテルでございました。やあ、素敵!

酒のおつまみのオードブルなんかを買い込み、ルームサービスで氷を貰い、さて、引き篭もり準備完了(笑)。お酒の写真撮り忘れちゃったけれど、今回は桃とか蜜柑とか梅とかの女の子の好きそうな焼酎が中心でした。
そして、今回の上映リストは、

・SPN3
・テニミュ
・ハンサムスーツ
・スピードレーサー
・しゃばけ

です。
もちろんメインはSPN3!例の脚本家協会のアレで途中不幸に見舞われたSPNの3rd!その分どうなってるのかなーと思いながら見てみたら、いやまあ、うん…。(目を逸らしつつ)
以下ネタバレ感想です。
また続いたよセニョーラ。
いや、続き物ですけれど。テレビドラマですけれど。なにせ1stシーズンの引きが物凄すぎて悲鳴を上げさせたSPNですが(続投決定してる前提で作れる終わり方ですよね)、今回はなんていうかな、途中から「あれ?これ話数少なくなってるはずなのに、ちゃんとある程度決着つくの?」と不安が過ぎり、終盤に近づいてくるにしたがって「ああ、もう全然足りないよね、無理だよね。じゃあ大本の問題は先送りでどこで区切りをつけるのかな?」と思っていたら、なんかもう、3rdシーズンなにやってたんだ、といいたくなるような進展しなさっぷりで終わってしまいました…。おにいが死んだことくらい?(それが一番重要じゃ)
あとはどちらかというと、新キャラに振り回された感じかな。
新キャラが二人、女性が出てきました。一人は悪魔なのになぜか弟に好意的で協力的な美女、もう一人はなんだか兄にちょっかいを出しつつ兄弟を利用してゆく、まさに不二子ちゃんキャラ(笑)。
本国では兄弟に絡むので不人気だったそうですが、不二子ちゃんにムカついたことがないように、ワタシは特別気になりませんでした。毛嫌いするおにいの反応が楽しかったというのもありますが、最終的に救済と罰も与えられたので相殺されたかな、とも思うし。(不二子ちゃんを演じてた理由とその報い)
たった十余年しか生きてない少女が、他に逃げ道の探し方が判らなかったんだなぁ。それで、初めに逃げ方を間違えてしまった(他に判らなかった)ものだから、その後の人生も間違いだらけの十年で、最終的には報いを受けさせられたわけだから、常に脅され続けていたことを思うともう生き延びた意味のない十年とも言えたかもしれません。
父親のみならず母親ともに殺してるってことは、小さな子供にとって世界の法律の全てともいえる保護者は両方とも救いの手を差し伸べてくれるひとじゃなかったってことですよね。家庭と両親という小さな世界で生きる子供にとって、この理不尽な暴力はどれほど性格形勢に影響を及ぼしたでしょう。ノー犯罪。家族って一番近くて最初であり最後のコミュニティじゃない。

と、話は逸れましたが、お話は2ndシーズンの続きで、弟のために悪魔と取引をして余命一年になった兄を救う方法を見つけるために奔走する二人のお話です。
兄は悪魔との契約は破棄できないし、弟を救うことができたから満足だ、ともう諦めろと何度も言うのですが、弟はもちろんそんな言葉は聞けません。なので今回二人はいうなればずっと平行線です。2ndが蜜月過ぎたよね(笑)。
第一話でいきなりお兄ちゃんの弟に対する告白を見せ付けて我々に黄色い悲鳴を上げさせた後は、いつもどおり一話完結ぽく事件が続いてゆきますが、前述のように脚本家協会のアレがあったので、途中がごっそり抜けてしまい、予定話数に収めることが不可能になってしまった模様。
黄色い目の悪魔がいなくなった後の後継者として弟と対立するリリスという悪魔が新たなラスボスとして出てくるのですが、この悪魔との対決は次回へ持ち越し、そして結局おにいを救うことも出来ずにおにいが契約どおり地獄へ落ちてエンドです。

ええ~、それこの一年はなんだったのーといいたくなるような…いや、結果的に一度おにいが地獄へ落ちるとしても、それでももっとこう、話数さえ残っていればスリリングな駆け引きの上で展開されたかと思うのですが、今回は最終話一話だけでものすごく割愛して語られてしまった感じです…。
なんていうのかな、弟がようやくおにいに「死にたくない」といわせたところまでは盛り上がってる!って感じだったのに…。(まあその一言があったから、地獄に落ちたおにいの「助けてくれサム」という台詞に繋がったのでしょうが)
ほんと返す返すも3rdシーズンは話数が削られてしまって残念~。基本的に続き物ではあるけれど、2ndほどしっかりと纏められてないので、そんなわけで全体的な感想が難しい続き方をしてしまいました。次シーズンをまた楽しみに待ちたいと思います。

2ndが蜜月でしたけれど、今回も主張が平行線を辿っていたこと以外は割合兄弟仲はよかったかな。まあ1stが比較対象なのでもう、弟がおにいのことでやきもきしてれば、それでもういいんですけれど(笑)。(とにかく今までおにいが不憫すぎたので、今度は弟がおにいを好き過ぎてやきもきすればいいよ!という気分)イラついてもおにいと離れて別行動をしなくなった分、弟もちょっとだけ大人になりました(笑)。もう本当にこの二人は兄弟でなければゲイカップルでしかないというくらいいちゃいちゃしてるんですけれど、肝心の心がすれ違ってる感じなので、もう甘い台詞を言い合っているはずなのに、なぜかやきもき度が募ります(笑)。
最終的に弟が兄に愛してるといえば(兄はもう何度も同じようなことを言っているので)個人的にこの物語は完結するのですが(笑)。
それにしても、おにいは本当に美人になった…。ご存知ですか…人って恋をすると美しくなるんですよ…。おにいは弟と一緒にいられて、毎日恋をしてるんですね…。

4thが楽しみです。
そういえばなんか段々とチープなスプラッタ感がなくなってきたSPNでした。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.