FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
新しい扉を開く勇気(100%)
雨ですね。

暇だとろくなことしでかさないっていうか、あの、いつだって人は萌えを追い続ける業の深い生き物っていうか(前置き)、落乱が気になっております…。(またそんな未知の領域に)

以下、10さいみまんのおともだちにはふさわしくないことばがたくさん出てきますので、おりたたみます。(気遣ってみた)(だって主人公たちがそもそも10歳…!)(100%勇気でも乗り越えられない倫理の壁…!)
らくらん。
御存知、某国営放送のアニメ。たまたまテレビをつけたときに目にしたことが、誰しも一度や二度はあるかと思われる長寿番組ですが(どっちかというとその前のおじゃるのほうがワタシは好きでした)(あのゆるさがいい)、これって原作漫画だったんですね。
そしてまったく知らなかったけれど、忍者のたまごたちはあの子たちだけじゃなくて、どうやらあの主人公達は一年生でその上には上級生がいるらしく。しかも六年生まで。
忍者のたまごたち(主人公達)は10歳で一年生なので、六年生だと15歳?16歳?なにそれちょうど美味しいお年頃…!そうか、そんなにキャラ層の厚い物語だったのか…!と、一気に興味対象内にランクインです。

そもそもが、なんだかここ一年くらい、ネット回遊しててたまに名前を見かけるようになったのが興味を持ったきっかけだったのですが、その時によく目にしたのが「上級生」の文字で、へー、にんたまも長いアニメだけれど、上級生たちなんかいたのかーと初めて知りました。
そんなに人気がここに来て今まで以上に盛り上がるくらい、上級生人気なのかな?この「双忍」って字をよく見かけるけれど、同じ顔をしてるし、双子キャラなのかしら…と興味をそそられ、ハイ、迷ったときのWiki頼み。ウィッキーで調べてみたらば、そのよく名前を見かけた「双忍」たちは五年生のようでした。おお~この子達が人気の「上級生」かな?
けれどよくよく登場人物説明を読んでみれば、特に双子ではない模様。うん?
なのになんで同じ顔をしているかといえば、片方が変装が得意な忍者だからで、好んでもう一人の子と同じ姿をしているので双忍とか呼ばれちゃってる事態。
ちょっとびっくりしちゃったよ!
だってなにそれ。双子じゃないんだよね。赤の他人なんだよね。なのに、気に入ったからか何か知らないけれど、ずっとずっとその子と同じ顔に変装して学校生活を送ってるんだよ…ね…?五年間、ずっと一緒で変装できるくらい、その相手のことをじっと観察してたってことだよ…ね…?
あ…ら…?

戦慄が走りました。(こくえいほうそうあにめ相手に)

ええええええええ、ちょ、ええええええ?
いくら変装の達人を目指してるからって(いや知りませんけど)10歳の子供が自分の顔をその相手のものに変えて日常生活を送ろうと目論むとか、え、なにそれ、ようするに相手の子に入学式に一目惚れってこと?とか普通なら思うんですけれど、それよりも何よりもまず気になったのがその相手の子の反応です。
もう一人の子はそれをどう思ってるのかな。
だって、赤の他人がずっと自分と同じ顔に変装して学校生活を送ってるわけで…それって入学当初からずっとそうなんですよね?つまりは五年間。(長いな…!)
周りの友達はその子が変装してることも全部承知してて、本人じゃないことも知ってるけれど、でもやっぱりそんな環境での生活って異常なんじゃなかろうか…!双子に生まれたわけでもないのに、自分そっくりな人間が自分と同じ格好で同じ仕草で常にそばにいる日常…!
少なくとも、どうしてそんなに自分の顔に固執してる(わけじゃないかもしれないけれど)のかなって、正体の判らない相手のことが怖くなったりはしないのかな。その子は。
よしんばしなかったとしたら、それは一体どういう精神状態の14歳(もしくは15歳)なんだろうとも思います。自分と同じ顔をした人間がもう一人いて、けれどそっちは委員長をするくらい優等生で変装の特技も持っていて、自分と比べて劣等感を煽られたりとかはしないのかなー。どうしてオレの真似してるんだよ!ってキレたくなったこととか一度もないのかなー。
個人を個人としてそこまで識別化できてるのか。っていうか、やっぱり何よりも10歳当時からその状況を強いられ続けた五年間の二人が気になる…ぜよ…!

…あの、たまたま目についた字が「双忍」だっただけで、今の上級生人気の王道とかまったく判らないし原作のあの子たちも存じませんが、でもやっぱりちょっと怖くなったよにんたま…。
というか、あの二人はつつくのが怖すぎる…。避けるべきだ、絶対に避けて通るべきだ。もっと明るい光の下を手を繋いで歩けるホモ(あ)が別にいるはず…!
しかしまあ、あれ子供向け教育アニメじゃないのか…なんたる…なんたる事態…。どうやら知らない間に教育の裏側で恐るべき事態が起こって…る…ようですよ…!(言いがかり)
今日また一つ、未知の扉を開いてしまったタカヤマでした。(しかもすべて妄想です)(雨がいけないんだと思います)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.