FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
TF復讐編
梅雨!雨!髪の毛が爆発します(笑)!癖毛なので…。
ストレートの掛けなおしよりもカラーのほうを優先させたい色具合です。

雨ですが、早く見ないと公開終わっちゃうので、TF復讐見てきました!
もう、目当てはただひたすらビサムです。判りやすいひとです。
以下、ネタバレ感想~。
前作から二年、主人公のサムは大学生になり、実家から離れて寮生活をすることに。
新入生は車を所持しちゃいけない決まりになっているため、バンブルビーは連れてゆけません。涙のお別れ。あと、地元の彼女とも遠距離恋愛に。
一方、サイバトロン(仮)たちも米軍隊と協力してデストロン(仮)の残党狩りを続けています。
そんな中、生き残った彼らが「何か」を探していると察知するオプティマス。彼らが探していたのは地球に古代から眠る、太陽を破壊してそのパワーを我が物とするための装置と、その起動キーでした。
今回の敵は太古の時代にプライム一族(今のオプティマスの先祖)とも装置をかけて戦ったメガトロン様の師匠で、前作最後で逃げ延びたスタースクリームから報告を受けて地球を襲う準備を。更にはメガトロン様も海底より復活いたします。おお、こんなに早くメガトロン様が戦線に復帰するとは。
サムは前作で出てきた箱の欠片を偶然持っており、それを知ったデストロン(仮)に狙われます。(箱には装置と起動キーの隠し場所の情報が入っているので)しかも、メガトロン様じきじきに。
サムを助けるために駆けつけたオプティマスですが、メガトロン様たちに破壊され死亡。
サムは太古のエネルギーなんてどうでもいいけれど、その力を使えばひょっとしたらオプティマスを甦らせることが出来るかもしれない、と一縷の望みにかけて、メガトロン様より先に装置を探す旅に仲間と一緒に出るのでした。

まあ、最後はなんだかんだと装置を見つけ、復活させたオプティマスVSメガトロン様&お師匠タッグというロボットバトルで勝利、地球の平和は守られたのでした…というオチですが、メガトロン様とスタースクリームが実は逃げ延びているので、前作と同じように続編も作れるような感じで終わってます。

ロボット同士がガツンガツン戦うのが壮観な映画です。しかし市街地バトルは被害が大きいですね。ウルト○マンの足元もあんな感じなんだろうな…。
そして相変わらず個人的にはビサムなんですが、映画はオプサムかビサムかどっちに重点が置かれているんだか判らない、心憎い演出になっております。
基本的には一緒に暮らしているし、ビーがサムのこと大好きだしでビサムなんですが、もう、オプティマスを生き返らせるために命がけで戦ったりとか、サムの勇気でオプティマスが生き返ったりとか、そういうドラマチックな展開がオプサムなんですよね。(余計な見方)
でもまあ、ビサムを推して参るとすると、今回、地元の恋人との間で「愛してる」の一言をどっちから言うかでプチ喧嘩になったりして、それを終盤まで引き摺るんですが(結局一度死んだサムに縋って彼女が口にする)、その「愛してるよ」の一言を、冒頭入寮にあたり連れてゆけないことをバンブルビーに告げるときに、サムがあっさり口にしています。ちょ、おま、恋人には渋ったくせに、ビーにはあっさりと…!もう!(悶えつつ)
置いてゆかれたビーは大人しく放浪車になったりするんですが(実家の家族もヨーロッパ旅行中)、サムのピンチに駆けつけるのは絶対にビーなんです!(そしてまたサムもビーの名前を叫んだりするんだ)もう早く二人は宇宙婚でも挙式してしまえばいいと思います。
ラスボス戦も、両親を逃がすのを一番信頼の置けるビーに託すのですが、サムの絶体絶命のピンチには、なぜか両親を連れて安全な場所に退避したはずのビーが戻ってきてます。ビー、ユー、両親どこに放置してきたの。(砂漠の真ん中で)
これ、DVD版で追加映像として補完して欲しい。ビーに連れられて戦線を離脱する両親と、断腸の思いでサムを戦場に残して両親を連れて逃げるビーの会話とかをですね、ええ。
「私たちのことはいい、息子を、サムを守りに戻ってくれ。サムを嫁にやれるのは、お前しかいない!」
「お義父さん、お義母さん…!」
みたいな。展開がね、ええ、あったのではないかと。あって当然ではないかと。

ビー、相変わらず喋れませんけれど。(心の声)

そう、前作のラストで音声機能が復活したはずのビーは、なぜかまた喋れなくなってます。それで特色を出したいのか。けれど、ワタシは字幕版で「少年のもとに残りたい」とか言ったビーの喋り方が大好き!なのでちょい残念。
相変わらずラジオ音声で喋るビーはちょっと幼いイメージ。だって、サムにお前は連れてゆけないよと言われてオイルを流して泣きじゃくるし。サムからすれば弟みたいな位置なのかな…。あの、彼だってサイバトロン(仮)の戦士ですけれど…。
でも、サムに対して一途なところとか、ワンコみたいでそれはそれで可愛い。犬だったら絶対に尻尾振ってるよ。
サムにちょっかいかけてきた大学の女の子に対してすごく焼餅を焼いてクッションを揺らしたりオイルを噴出したりしてて、それもまた可愛かったです。サムは大変なワンコに懐かれた(笑)。

映画版、今のところ毎回楽しくみせてもらっているので、続編が作れるようならまた作ってもらっても嬉しいな、と思います。理性は二作目でやめとけ、と言ってるんですが(笑)。(パターン化しちゃうから)
今回オプティマス以外のサイバトロン(仮)があんまり喋らなかったのが残念だなー。ビーも同様に出番はそこそこあったのですが…。アイアンハイドくらい?双子はマスコット的に喋ってましたけど。
映画版のスタースクリームの小悪党っぽい態度もちょっと残念です。虎視眈々とメガトロン様の座を狙う頭脳派でいて欲しい。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.