FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
積本消化日
T姉にドライブ行こうよと誘ってもらったし、絶好の裕次郎晴れだったのですが、いかんせん、起きたのが昼近くでね…(いつものことです)。
結局また冷麺食べて、飛来する鳩を追っ払うのにも飽きて、ベランダに椅子を出して日向ぼっこしながら読書に勤しんで一日を終えました。
ひとに話したら、なんて健康的なことしてるの、と笑われました。確かに!日光浴(まあ日陰にいましたけれど)よろしく、ベランダで読書とか、ちょっと優雅ですよね。その実、鳩との戦いですけどね。笑。超酒呑みたかったけれど、なんとなく我慢しました。ミニテーブルを運ぶのが面倒だったからです。(そんな理由)
けれど、積んでた本は半分くらい消化できて満足な一日となりました。

プルートウ、完結しましたね!
色々と原作にはない脚色や謎が幾つも絡み合ってこれはこれで楽しく読ませていただきましたが、やっぱり原作は越えないというか、原作の纏まりと終わり方のが個人的に好みです。だって、ぬいぐるみの正体とか、あの半分壊れかけたロボットの存在意味とかちょっと物足りない感じ。
あと、ウランが可愛くて、ゲジヒトの奥さんに泣けた…。

遙かの16巻も出て、17巻で完結だそうで、長かった(期間的に)なぁとしみじみしてしまいました。17巻も楽しみですが、16巻にこの間の(五月号でしたっけ)3の読みきりが早くも入ってたことが嬉しい!
しっかりと読んだのは初めてですが、確かにこのお話、すごく可愛いです~!白龍可愛い。神子が攻めだ。八葉可愛い。神子が攻めだ。平家も可愛い。神子が攻めだ。
そこかしこで望美の攻め神子ぶりがチラ見できて楽しいです。白龍と一緒に登場するシーン、なんか棒持ってますよね。庭掃除してた箒だったらセーフ。剣術以外に薙刀や棒術でも納めようと鍛錬してたというなら、その男勝りっぷりをいっそ尊敬します。
庭で鍛錬に励む主人公に、甘いお菓子の差し入れをする譲って、それヒロインの位置ですよね、本来(笑)。あかねとかならなんの違和感もなく出来てしまいそうなことが、望美であるがゆえに出来ない。素敵。格好いい。その調子で歴代一の攻め神子の座を守って欲しいです。
穴埋めカットで望美が料理の手伝いを申し出たのを差し止めた兄弟にも笑えました。有川兄弟大好き。兄は土下座してプリンの使い方を教わるくらい、弟に対して甘くて下手であればいい。
そして譲に教えてもらって将臣が作ったプリンを、惟盛が不満そうに食べてるシーンも可愛い。平家好きです…!
それにしても、ほんと、譲はどうやってプリンを固めているんだろう…。なめらかプリン…。十六夜EDではどうやら京に残るらしいので(愛蔵版後日談)、官職以外にお店を出すという選択も楽しいかもしれません。(冗談ですが)
プリンを食べておっきくなった白龍は、皆に愛されててすくすくと育った可愛い神様です。
ぷっちんぷりんがふるふるしてるのを見ながら、もったいなくて食べられないと仰った敦盛さんの横顔を見てるだけで、ワタシ、バケツプリンを食べたくらいの気分になれます。子供の分にとプリンを差し出したシーンの敦盛さんの表情とかも超好きです。ああもう、ほんと、このひと美しい!

にまにまと三回読み返して、日が暮れてきたので、今日の鳩との戦いは切り上げです。
あー、鳩ー。いつになったらいなくなってくれるかなー。(ママに怒られる~)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.