FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
引き篭もる七夕
七夕ですね。あんましお天気よくないですが。
七夕だからといって何かすることは何もないのですが(ケーキ屋さんの七夕限定ロールとかが食べたい程度)、近所のツタ/ヤに行ったら子供たちが書いた短冊が笹の葉に飾ってありました。情緒だ…。
自分なら短冊に何を書くだろう/今まで何を書いただろう、とふと思って頭に浮かんだのをあげてみると、例えば、

・宝くじが当たりますように
・腰痛が完治しますように
・新しいナビが欲しい
・腰痛が完治しますように
・旅に出たい
腰痛が完治しますように

とか、己の物欲しかないのか、と駄目人間ぶりをたっぷり味わい、しばし凹みました。
短冊の願い事というと、「~~しますように」みたいなお願い事の定型文とかがまず頭に浮かぶので、そこに自分の願い事を当て嵌めて書くのを考えちゃうわけですが、でもそれは別に自分のことである必要はなく、ていうかむしろ自分個人のことよりももっと「世界が平和になりますように」とか「世界から飢饉がなくなりますように」とかでもいいはずなのです。
そういう願いが自然に一番に頭に浮かぶような心根の人間になれたら、こんなに自分にがっかりすることもないのかと思いますが、そういうことが自然と頭に浮かぶような人間ならそもそもこんなつまらないことを考えもしないことでしょう。まったくがっかりな人です。はやくにんげんになりたい。

駄目人間引き篭もり日。
DVD消化です。以下簡単にネタバレ感想。
Lの世界4th!
3rdを見たときに「4シーズンで完結かぁ」と勝手に(?)思いこんでしまっていたのですが、完結なんてしてませんでした(笑)。6で完結かな?まだ日本には入ってきてないですが。
デイナとカルメンがいなくなって、新キャラと旧キャラの再登場とかがありましたが、パピィ可愛いな!まさかキットに恋するとは思いませんでしたが…。(でもキットとはアンガスと長続きして欲しい…!)
前回結婚式をすっぽかしたシェーンは義理の弟を育てることになってしまい、そこで家族の絆を通して更生の道を辿ります。お別れシーンは泣けたよ…。
ジェシーという共通の敵が出来たので、ベッドとティナがちょっと仲直りっぽい。けれど、ティナの本当はベッドのところに戻りたかったという本音にはちょっとええ~~と思いました。国民性の違いだろうか…。ものすっごい喧嘩してたけれど。
付き合っている人と不仲になって、喧嘩別れした元恋人のところに戻りたいと思ったところで、根本的な問題を解決しないことには堂々巡りだと思うんだけれど…。(でもベッドもだいぶ変わったから、今度こそうまくいくのかも)
ワタシがジェニーに対してまったく同情的になれないのは多分、ビバヒルのブレンダを思い出すからだと思います。自己中な考え方とかちょっと似てる。あのラストのボートで海に出る描写もあんまり好きじゃない。
アリスの恋の話を見てて、戦争のこととかあんなふうに自分の意思を大声で主張できるのはすごいな、と思いました。(小学生の読書感想文みたいな文になった…)
喧嘩を恐れないというか、相手に合わせて自分の主張を曲げない。けれど、付き合ってゆける。それってどういうこと?と考えます。

ベガスの恋~
キャメロン繋がり。本当にこの人は可愛い。素敵。
キャメロンが珍しく(と言ったら悪い)キャリアウーマンを演じてます。どっちかというとアシュトンの役のがキャメロンのタイプだよね(笑)。

27ドレス
インハに感動したので、これも同じような良作かな~と思って手にとってみました。
嫌って言えないことってあるよね。本当はもっと言いたいのに言葉を飲み込んじゃう/上手く纏められないときとか。主人公が妹に向かってもう嫌!と叫んだところ、視聴者はきっと皆すっきりしたはず。
主人公のビジュアルがもっと地味な人だったらもっと説得力とドラマチックさが増したかも、とちょっと思いました。ブライドメイトってアメリカならではの風習ですよねー。

700日戦争
いちはらくん目当てです(笑)!
言い切っちゃう。コミカルな感じがちょっと下妻物語に似てて楽しかった。
映画は180数日目で(第二章に入る前)終わっちゃうので、正確なオチは原作を読まないといけないでしょうが、でも映画版も充分内容が統一されてて楽しいです。

櫻の園
女子高が舞台というだけで映画館に見に行こうと思ったのに、上映館数が思ったほど多くなくて見逃してしまった作品。期間もたしか短かったような…。
主人公は結局バイオリンを投げ出してしまったままなので、成長物語としてのバイオリンの存在は薄くなってしまって残念。(ただ、主人公が思い通りにならないと投げ出す、ということの説明なら台詞と映像でダブルで出してまで強調する必要はそこまであったのかな?とかとか)
2009/07/07(火) 13:13:38 | MOVIE | Trackback(-) Comment(-)
Designed by aykm.