FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
逆検クリア!
バッサラー3の公式が更新されていて、ついに情報が解禁になりましたね!
バッサラー3は機種が変わることもあり、暫くは様子見かな~?とかPS3、バージョンアップしても互換性ないのね…とか色々と考えて遠巻きに眺めていたのですが、公式見たらもう一気に熱がヒートアップ致しました!だって、だって公式!関ヶ原きたああああああ!とは思っていましたが、設定が数年後とか、ちょ、も、色々ぉぉぉぉぉおおお!

家康が成長しててぎゃーってなったり、新キャラが関智でぎゃーってなったり、成長した真田の旦那が武田軍を背負っててぎゃーってなったり、一度地に落ちた竜とか言われてぎゃーってなったり、そもそも新キャラが庵でそれS○Kだよねカプコムとか思ったり。
も、ちょ、萌え殺す気ですか。
色々萌えが重なりすぎて死にそうです。青年になった家康っていうか大川さんの声が楽しみです。光成はガチホモでいいよね。だって庵だもん。
ゲームシステムは相変わらず腐女子にも優しい超簡単格闘ゲームだといいなと思います。なんかPSPのバーローズは難しかったみたいなので…。(結局やってないことを今思い出しました)

目下一番の気がかりは、家康の隣にちゃんとホンダムがいるかということ。ホンダム鉄板。ついに家康でホンダムが使用できる日が…!(来るのか?)
他のキャラもどうなったのか色々と気になるところです。織田・明智・豊臣はもうレギュラーから外れるってことですよね、きっと…。キモいはんべに会えないのはちょっと残念。ちゃーちゃんのためにKGは関係なしに再登場すればいい…。

しかし何より気になるのは、慣れない執政に四苦八苦するという同人でもう何万回も目にした(言いすぎ)真田の旦那が公式で見られることです…。正確にはそんな主従がね…。
さっけがどれだけイライラしてることか…。
長は真田の旦那を軽視する重鎮方を、まるでヤマアラシのように背中を尖らせて旦那を守りながら威嚇して、手のつけようのないヤンデレになってればいいよ…。ああ萌える…。

バッサラーの話をしておきながらなんですが、逆検クリアーしたので、簡単にネタバレ感想でーす。
逆裁シリーズって今まで、うっかり最終話で泣かされる展開が待ってたのですが(あれ実は感動作なんです…そのギャップが大好き…!)、今回のみつるぎのは普通に悪を倒して終わってゆきました。そういう爽快感もありだよね。けれど、五話目が長すぎてゲームバランス悪いよ(笑)!。六話にすればよかったのに。

女の子キャラもいつも可愛いのですが、今回のヒロインちゃんよりも、個人的にメイの再登場のほうが嬉しかったのは前述の通り。イトノコ刑事とちょっと被った感じの野外キャラになってましたね…。大事なキーパーソンでしたけど…。
検事さんのお話なので、舞台は現場で結局一度しか法廷には立ちませんでしたけれど(それも別に裁判とかじゃない)、たまにはこういう話もいいですね。キャラは懐かしいキャラとかも出てきて(そして何気にナルホドくんたちも隠しキャラとして存在してて)、細かいところまで楽しいのはさすがだなぁと思います。こういうクオリティが好き…。

新キャラといえば、国際警察のロウと助手が結構好きでした。助手、ちょっとユーロパに似てるかと思ったんだもん(笑)。
ロウは受け受けしい…!と思えてしまい、みちゅつぎとのカプが組めそうにありません。まあたまにはいいんじゃないかな…。(たまに?)
最後はロウとみつるぎでいいコンビになってくれたので、今後再登場してくれても嬉しいかと思います。受けっぽい人たち同士。(言いがかり)
密売組織の黒幕はもうちょっとドロドロした展開が待ち受けてるかと思ったけれど(背筋が凍るような)、結構あっさりと…?うん、別に怖さはありませんでしたね。
逆裁のもう一つの面白さって、証言台で豹変する人間性の表現だとも思うので、大使は最後もう一皮くらい化けてもよかったかなとも思います。まあ今までと同じパターンになっちゃうかもしれませんが。
考えてみれば、みつるぎが帰ってきてからほんの数日のお話…。なんたる濃厚な。

逆裁シリーズはこれまでも楽しかったので続いて欲しいなーとは思うのですが、みつるぎのスピンオフやって今後どう繋がるかが読めません。
4がね…ちょっと残念な評価になっちゃいましたからね…。(ワタシはゲームとしては4、楽しかったです。ただナルホドくんが残念だっただけで)
もう開き直って、4はなかったことにしてナルホドくんの弁護士人生を続けてもらってもいいんですけれど(笑)。

そういえば、五話目が長すぎてゲームバランスが云々言いましたが、内容としても非常に難しかったです。円の法則とか、そういう物理的(?)な話出すのやめて。ほんとやめて。タカヤマの物理の成績がいくつだったと思ってるの(知るか)。
本気で何を問われているかわからず絶望しました。みつるぎをアホの子にしてごめん…。プレイヤーがアホなんだよ…。
五話目はそういう予想外の難しさで選択を誤り、初めて自滅しました。ノートが閉じられて終わり…。ゲージが尽きたの初めてではないだろうか…。しかも円の法則で…がっかり…(自分に)。

でも今回もやっぱり最後まで面白かったです。ミッコありがと!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。