FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
鈴鹿・穴子ツアー
穴子の季節が来ましたので、積極的に穴子を愛でてゆきたいと思っています。(所信表明)
そんなわけで、先週の太田市場に引き続き、今週土日高速割引を利用して参りましたのが、三重県鈴鹿市です~。
鈴鹿。鈴鹿。モータースポーツの町という印象の鈴鹿ですが、海に面した穴子の水揚げのある土地でもございました。三重県というと、お伊勢さんには何度も行っておりますが、それ以外の土地はまだまだ未開です。…と思ったけれど、航空基地見たり松阪牛食べたりスペイン村(仮)を視察してみたりで結構ウロウロしてました。あれ?
まあ、取りあえず鈴鹿インターで降りるのは初めてということで。
折角初めての土地に降りるのだからついでに観光も…ということで、本日の目的地は、椿大神社→荒神山観音寺→子安観音寺→穴子の順番を予定。
相変わらずお寺参り中心です。まだ飽きてません、御朱印スタンプラリー。
鈴鹿インターを降りて山手側へ向かうと第一目的地の椿大神社。車で15分くらいかな?お山の真ん中にございます、

091017_1016~0001

こちら、伊勢国一の宮!七五三の参拝客が多くてちょっと遠慮しながら参拝。本日一日の無事を祈ります。本宮の隣に朱塗りのお堂もあって素敵でした。雨も降るかもっつーのに、しかもお寺巡りなのに、何を勘違いしたのかサンダルを履いてきてしまったので、足がジャリジャリ致します。馬鹿です。

本日はちょっとお天気が下り坂なんですよねー。(写真も全部薄暗いです)
いちおう一枚余分に羽織るものを持ってきましたが、雨が降らないことだけを祈りつつ、次の目的地荒神山へ。
荒神山、ぶっちゃけここが本日最大の目的地と言っても過言ではないかもしれません!
荒神山と聞いてピンと来る方がいらしたら是非ともお友達になりたいくらいなんですが、こちら荒神山、任侠活劇で定番の清水次郎長に出てくる「荒神山の喧嘩」で有名な荒神山です。
この境内が!

091017_1050~0001

ここ!ここ!穴太徳が陣を張ってた境内です!三下が手前の階段を駆け上がって「清水一家が乗り込んできやした!」とか報告するシーンがぱっと出てきますが(いえ、長吉の助っ人だったんですが)、実際の喧嘩はこの背後の裏山が喧嘩の舞台で、現在は更地にされて空き地となっております。
このお寺自体が小高い山の上に建っているので、ここが現在の荒神山ってことでいいのかな?
春日局のご贔屓のお寺としても有名ですが、ワタシはやっぱりどちらかというと、荒神山と聞くと次郎長を思い出します。次郎長ツアーもしたいような、心のアルバムにしまっておきたいような…(なんだそれ)。
博徒繋がりかはわかりませんが、勝負に強くなるご利益もあるみたいです。宝くじ買う前にこういうところに祈願に来るといいのかな…(俗物です)。

荒神山でじんわり清水一家萌えを堪能したら、今度は駅を挟んでぐいーっと鈴鹿市内、住宅地のどまんなかにある子安観音です。

091017_1148~0001

名前のまんま子宝祈願のお寺で(幼稚園も併設してるみたい)(ついでに秋晴れを想定して運動会だったみたい)こちらも七五三が賑わっていましたが、ワタシの目的は不断桜です。
不断桜ってようするに、季節はずれの狂い咲きの桜のことなのですが。
ここの桜は丁度10月から冬にかけて咲く桜、ということで特にチェックせずに来てしまったのですが、残念ながらまだ咲いてませんでした。まだまだ先だったのかなー。不断桜は全国多々ありますので、いつか運よく咲いている桜にめぐり合いたいものです。
冬の桜っていうとヒルルクを思い出しますよね。聖域です。(真顔で)

そうそう、三件目の子安観音をお参りしてるときについに曇天が雨空に変わってしまいました~。
あー、今日は微妙な天気なんだろうなぁ…と思いつつ、時刻がお昼を程よく廻ったくらいだったのでつるっと最終目的地の穴子屋さんへ。
鈴鹿の海岸線の程近く。一軒家の穴子屋さんです。多分鈴鹿では有名なお店だと思う。高速インターの近くから看板が出ているので、一見さんでも行きやすいのではないかと。

お昼を過ぎていたからか、おひとり様のカウンター席はつるっと入れました。奥座敷が賑わっていたし駐車場も一杯だったので、多分地元の人たちがたくさん来るお店なんだと思います。
お隣に座っていたご夫婦が「ここに来たら穴子を食べなきゃ駄目よ!」と力説なさってました。はい、ワタシの目的も他に惑わされることなく穴子天丼です。

091017_1223~0001

素晴らしいお品書きを眺めつつ、待つこと暫し…。

091017_1225~0001

どーん!

思わず大文字で書きたくなるくらい、見事な穴子天丼のご登場!(ほんとにほんとに大きいの!)
穴子二本は先週の太田と同じですね。ただこちらは女性向けに穴子一本天丼というのもご用意されてますが、何をおいてもワタシの目的が穴子天なので、がつんと標準サイズの二本乗せ天丼です。
お写真撮って一口パクリ。
もうね、もうもうもうね!すっごいんです、すっごい美味しい!
先週の太田はふっくら柔らかい江戸前穴子だったのですが、こちらの穴子は身が引き締まった食べ応えのある穴子です。でも勿論脂がのって超ぷりぷり!そしてタレでしっとりし過ぎないサクサクの天麩羅はまさにジャストミートです。
ほぎゃー!うめえええええ!と心の中で叫びつつ(大人ですから)、あっという間に一本完食。とにかく一本食べきらないことには下のご飯が出てきませんので(笑)、せっせと添えてあるお野菜天麩羅も胃に収め、嬉々として二本目をがぶり。うーん、やっぱり美味しいー。
二本目も嬉々として!大満足で!…と言いたいところだったのですが、半分ほど食べたあたりでお腹に限界が来ました。ちょ、ご、ご飯が胃を圧迫する…!
断固として言いたいのですが、穴子の脂が胃に効いたんじゃなくて、ご飯の量が多かったんだ…。(負け惜しみ)
なんとか無言の行かってくらい無表情でせっせと完食いたしましたが(隣のご夫婦とかワタシが半分食べ終えたくらいに完食なさってましたよどういうこと)、一体どんな顔をしていたのか、食べ終えたらお店の方に「ちょっと量が多かったでしょう。一本乗せと穴子寿司の組み合わせなんかもお勧めですので、次はぜひ」とやんわりお勧めされてしまいました。(一本天丼と握りと茶碗蒸しとかサラダとかのセットもあります)(メニューにはないので、限定セットメニューなのかな)
いやでも穴子はすっごくすっごくすっごく美味しかったんです、と力説してきましたが、次はうん…一本乗せと穴子の白焼きとかでもいいかもしれない…(結局穴子)(いやもうホント美味しくて!)とにかく穴子穴子。次も穴子。食べ終えた直後は一本でもいいかもしれない、と思いますが、消化されればまた二本乗せで欲張って食べたくなる、魔法の穴子です。
これはちょっと、高速代払ってでも通いたい穴子屋さんが出来てしまいましたよ…。

そんなお腹一杯苦しさ一杯状態で、腹ごなしに橿原神宮でも散歩して帰ろうかと思っていたのですが、どうにもお天気が奮わないので、結局そのまま高速乗って帰ることにしましたー。
鈴鹿の町並みをあちこち走ってて思ったのですが、町並みが結構町屋っぽくて、武家屋敷の名残とかもあるのかな?と思いました。お城があるのって鈴鹿じゃなくて亀山でしたっけ。おかげ横丁のような町並み…。
なんか特別景観地区とかでなくても、そういった置屋みたいな間口の家屋が立ち並んでいる地区が多かった気がします。車だとちょっとすれ違いとか走りにくいのですが。おかしいな、本/田技/研の支配する車のための町だと思ってたのに(笑)!

穴子でお腹いっぱいでも、鈴鹿に来たらここのサンドイッチをお土産に買って帰らないわけにはいきません。

091017_1633~0001

昔はもうちょっと店舗展開してた気がするのですが、気がつけばいつの間にか本店と代々木だけになってましたー。
納豆サンドが有名すぎますが、納豆大好き!な人以外は別に無理しないでもいいよね…と保守に入り、無難に10月限定のグラコロサンドとプリンサンドです。フルーツサンドは他でも見かけますが、プリンのサンドイッチってデザートサンドでも珍しいですよね!
初めまして、なプリンサンドは、生クリームたっぷりでプリンの味が負けてしまいがちになるので、もう一声!といいたくなるサンドでした。やっぱり平安(イチゴサンド)が鉄板かな?近所にあったらほんと全メニュー制覇とかしたくなるお店です。鞍馬と銘打っても京都にはないので、鈴鹿にゆかれた際は是非。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.