FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
食べられる植物のレシピ本
今更なんですが、個人的一度読み始めると止まらなくなる人No、1の有川週間で植物図鑑読んでました。ほんと、こうかくと図鑑みたいですよね。小説です。
携帯配信連載だったからか、ちょっといつもより一人称が入り気味?けれど植物の説明台詞とかが割合長いので携帯で読んでるとどうなのかな…携帯小説をまったく読まないので、紙になってこのくらいだとなんの違和感もありませんが。
それにしても、このひとは自衛官だけじゃなくて植物にも詳しかったんですね!
読んでると、結局野草は天麩羅にして揚げて食べるのが多いのかなーと思ったりしますが、材料費がさほどかからずに済むというのは家計に優しいかも!
勿論、そのための手間はかかりますし、そもそも中々見つけるのが難しくなってきた昨今ですが。
ないなあ…うちの裏の土手川に生えてるかな、なんか…。昔は生えてたけどなぁ…。
野草雑学がメインのような本でしたが、それに絡めた恋愛模様も相変わらず可愛かったです。この人の書く男の人は、ほんと女性から理想的な紳士さを兼ね備えていますよね、割りと誰もが。
ラノベじゃないのに、こんなにすらすらと読めてしまう小説も、ワタシにとっては珍しくて有難いです。また思い出したように手を伸ばして読んでると思われます。

雑草という名の草はない。いいお言葉です。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.