FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
今年のクリスマスプレゼント
091224_2335~0001

どーん!
手に入った!手に入った!漸く入手できましたー!
ちゃんと正規のルートです(笑)。ミッコが増刷分映画館に配布されたみたいだよーという公式情報を教えてくれたので、いてもたってもいられずに、同じくゼロ巻が入手できずに呻いていた友達誘って行って参りました。イブの夜に。

おおう…なんていうか、いっそ潔いよねタカヤマさん…
でも思ったより男同士とか女同士のグループが多かったですよ。
これも女子クリの一環?

しかし増刷とか粋な真似するね出版社…まあ裏手回されたのが多すぎてキレたんだろうけれど…。
以下ちょっとだけネタバレ的感想でーす!
製作総指揮オダエとうたっている通り、キャラ原案もストーリー自体もオダエの作品です。
だから衣装とかもいちいちオダエぽくて可愛い!(特にロビンお姉さまのニットワンピ可愛かったー!)
元々アニメワンピに別に何の不満もなかったひとなのですが、一緒に行った友達は初めてアニメワンピに触れ合うので、一々違和感が拭えなかった模様。そうなのか。

いつもどおりの麦わら海賊団の冒険といえば冒険なんですが、本編ではシキ(今回の敵役)とロジャーの確執は触れていないのでその辺ゼロ巻ありきのストーリーになっています。ゼロ巻読んでるからこそ、シキがどうして最弱の海イーストブルーに拘るのか、とかきちんと判るかな。(重ねて何度もみれば汲み取れそうですが)
ナミがシキに攫われてそれを仲間が助けにゆくというのが基本ストーリーですが、仲間を守るためにナミが自ら敵の元にくだったりして、ちょっとココヤシ村のエピソードと被る部分がありますよね。だからこそ、違う選択をしたナミの成長も見所の一つになっているのですが、ちょ、ほんと、ココヤシ村関係はヤバイ。ゼロ巻でベルメールさんが一コマ出てきただけで号泣したタカヤマですが、ノジコの一言でも(全然関係ないシーンなのに)うっかり貰い泣きしそうになってます。うっ、ちょ、ほんと鬼門…!だけど大好き…!

オダエ本人が言ってたとおり、今回の映画はお涙要素は別になくて(思い入れがあればじんわりできるかもしれませんが)、冒険活劇!といったストーリーになってますので、二時間それぞれのキャラの活躍を楽しめます。ところどころに入ってるギャグがオダエらしくていつでも笑える感じ。空島編でエネルがすっごい顔して驚いたシーンみたいな、真剣な戦闘シーンでもどこかに笑いが入ってる。
誰と誰のやりとりも全部可愛くて、もうほんと麦わら海賊団全員大好き!といいたくなるくらいきゅんきゅんします。
個人的に気になるのが、本編には関係のない白ひげ・エース・シャンクスの三人がエンディングに出てきたことくらい?なんたるファンサ。大歓迎です。
あとゼロ巻の作者コメントで「これが17歳のルヒの最後の冒険になります」の一言。えっ、なにその意味深な言葉!
それは映画版を指しているのか、それとも原作の今後の展開を示唆しているのか…来年は映画作らないよってことならいいけれど、まさか原作の海軍本部編が終わったら一年くらいいきなり間が空いちゃうとかだったらどうしよう!どうしようもないけれど(笑)!
友達とも話してましたが、我々は終生PJの作る映画に入場料を払い続ける義務がありますが(それくらいしても返し切れない指輪の恩)、例えこの後ワンピがどうなっても最後までオダエを信じ続ける義務もあるよね…。ファンとして…。よっぽどのことがない限り、完結させてくれると信じてる、オダエ…!(すっかり映画の話から逸れてしまいました)(いつものことです)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.