FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
実は初めて!
100107_1948~0001

お昼にやってたテレビに出てきてとっても食べたくなったので、友達誘ってサムゲタンを食べに行って参りました!
実は韓国料理屋さんも一匹まるっと入ったサムゲタンも初めてです。韓国家庭料理と銘打たれたそのお店は店員さんもお客さんも韓国の方が多いようで、異国情緒溢れる居酒屋(?)でした。
でも日本人向けに食べやすくしてあるのかな?絶対に無理な味付けとか際立ったものとかは特になく。
自分から行きたいと誘っておいてなんですが、辛いものがちょい苦手なワタシ。目の前に並んだキムチの盛り合わせとかをそっと友達の前に差し出して「お前は何しにここに来たんだ」と呆れられましたが、ま、まあサムゲタンだよ、サムゲタン!
生の鶏肉とは生憎縁遠くなって久しいですが(胃を壊すから)、しっかり火の通った鶏肉は相変わらず愛でてまいりたいと思いますのことよ。
ぐつぐつと煮込まれたスープは寒い夜の凍えた体に染み渡ります。少し掻き混ぜただけでほろほろと崩れる肉も柔らかくて素敵!
どうやらプラスの味付けはお好みに任せているようで、スタンダードな塩コショウのみの味付けは、一緒に煮込まれているお野菜や鶏がらのお出汁が出てワタシには丁度いい塩梅になってました。
他にはチヂミとか好きですけど、焼肉とかチゲとかは味付けが辛味辛味!終始ヒーヒー言いながら食べてた気がする。センマイやユッケは平気。微妙に韓国家庭料理なのか韓国焼肉なのか線引きの難しいお店(笑)。
しかし、韓国料理はさておき、サムゲタンとはいい出会いが出来たのではないかと思います。
友達には「骨抜きサムゲタンはないの」とばっさり切って捨てられましたが(骨を避けて食べるのが面倒くさかった模様)、ケ・ンタだって骨がついてるのだから、骨があったっていいじゃない。
ケン・タで思い出した。マ・ックの高級志向向け新商品ラインナップを見て、ウ・ェンデ・ィーズの客を狙ってるのかと思った今日この頃…。

駆けつけの一杯が出てきていつもどおり「おつかれー」で乾杯したあとに、「はっ、違う違う!あけましておめでとうだよ!」と皆して訂正入れたのが、なんともグダグダな感じです。正月も三が日過ぎるとあっという間に雰囲気なくなりますねー。せいぜい五日くらいまでが正月気分…?
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.