FC2ブログ

ものぐさにっき。

成分の99%は萌えで出来ております。
エンドレスデステニ?
と、遠巻き(?)に訳してみた…のはさておき、某動画サイトで漸く見ました3のラストアニメ!
どういういきさつで景時さんとヒノエくんがデュエットしちゃったりしているのか、つきつめて考えたいお年頃。あの二人は神子とか八葉とか関係ないと、いったいどんな関係になるのかなー。
しかしなにはさておき、望美の男前度が容赦ないことになってますね。ものすごい鬼神子ぶりが戦闘シーンの随所に垣間見えます。あれ?ネオロマヒロイン?かわかみさんの声が可愛くて好き!
物語は青龍ありの玄武ありの敦盛しゃんありの…で見所がきゅっと詰まった感じになってました。アニメ化とかノベライズとかいつも思うけれど、あれだけ多岐に渡ったシナリオを一本にいいどこ取りして纏めるのって公式だからこそ無理というか…何をメインに置くかが大切になってきますよね。
遙か3でいうとやっぱりメインルートというか、他の誰かを一点集中で描くのでなければ将臣くんルートが基盤になるのだと思います。それくらい彼の正体が物語のキーポイントってことかと。
で、その将臣くんルートの中に九郎さんとか敦盛しゃんとか景時さんのアレとか(アレいうな)描かれていて、おお、いっぱい詰め込んだなぁと見守ることしばし…。
なんだか絶好調に腹出し奉行が苛められていたのは気のせいですか?
OPの見返り美人シリーズで、景時さんだけ視線逸らすとか何事。アニメ何事。
けれど、譲くんとのやり取りは「よく描いてくれた!」と嬉しさいっぱいでした。他の面子にもいえることですが、八葉同志のやりとりとか大好き!
あと意外だったのがラストの敦盛さんのくだりとかかな…。前作を見ていないので惟盛のこととかすっかりさっぱりだったのですが、兄上浄化されて砂浜に伏して泣いた敦盛さんの姿が意外でした。敦盛さんがあんなに感情も顕わに泣くなんて…!(しかも人前で)(もっといえば浄化した望美の前で)
あれあれれ?と違和感を感じながらも、浄化して空に昇ってゆく光に向かって手を伸ばすシーンなんかではやっぱりじんわりしてしまいました。だってゲームでも超切なかった敦盛しゃんと経正さんのやりとり。(アニメとは違いますが)
平家には平家の言い分があって、ラストでも将臣が望美を詰ってましたが、将臣ルートは本当に意見の折り合いの付け所が難しいな、と思います。まあ要するにその答えはゲームのシナリオの中にあるのですが。

(総括)アニメ、喋って動いて戦ってる望美は格好よかったです!朔の王子様というか、もうほんと、鬼神子だー。しかし、このストーリーを追っていって壇ノ浦を向かえ、その先にマルチエンディングがあるとか大丈夫なのかな…(笑)。九郎さん頑張った!格好よかったよ!
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.